処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. KR1020110009171 - 폴리염화비페닐류 함유 유성 액체의 정제제

官庁 大韓民国
出願番号 1020107026251
出願日 26.10.2009
公開番号 1020110009171
公開日 27.01.2011
特許番号 1012500250000
特許付与日 03.04.2013
公報種別 B1
IPC
G01N 30/00
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
G01N 1/10
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
1サンプリング;調査用標本の調製
02試料取出しのための装置
10液体または流動状のもの
G01N 30/88
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02カラムクロマトグラフィ
88グループG01N30/04~G01N30/86のうちの1つに含まれないもので,カラムクロマトグラフィに特に用いられる統合的分析
G01N 30/46
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
30吸着,吸収もしくは類似現象,またはイオン交換,例.クロマトグラフィ,を用いる成分分離による材料の調査または分析
02カラムクロマトグラフィ
26流体キャリアの調節;フローパターン
38フローパターン
46複数カラムを用いるもの
出願人 고쿠리쓰다이가쿠호진 에히메다이가쿠
미우라고교 가부시키카이샤
発明者 혼다 가츠히사
代理人 특허법인코리아나
優先権情報 JP-P-2008-329441 25.12.2008 JP
発明の名称
(KO) 폴리염화비페닐류 함유 유성 액체의 정제제
要約
(KO)
전기 절연유 등의 유성 액체에 함유되는 폴리염화비페닐류를 분석함에 있어서, 폴리염화비페닐류의 분석에 영향을 미치는 방해 물질을 유성 액체로부터 제거하기 위한 칼럼 (1) 은 황산 실리카겔에 의한 상층 (14) 과 질산염 실리카겔에 의한 하층 (15) 을 적층한 다층 실리카겔 (13) 이 충전된 제 1 칼럼 (10) 과, 그 하층 (15) 측에 연결된, 알루미나층 (23) 이 충전된 제 2 칼럼 (20) 을 구비하고 있다. 하층 (15) 의 질산염 실리카겔은, 질산구리와 질산은의 혼합 수용액에 의해 활성 실리카겔을 처리함으로써 얻어지는 것으로, 바람직하게는 구리 원소와 은 원소의 몰비 (구리 원소 : 은 원소) 가 1 : 0.5 ∼ 2.0 이다.