16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (KR1019980701285) 조제 나프탈렌디카르복실산의 정제방법

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1019970704674 出願日: 08.07.1997
公開番号: 1019980701285 公開日: 15.05.1998
特許番号: 1002290050000 特許付与日: 01.11.1999
公報種別: B1
PCT 関連事項: 出願番号:PCTJP9603180 ; 公開番号:WO9717318 クリックしてデータを表示
IPC:
C07C 51/487
C07C 63/38
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
51
カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
42
分離;精製;安定化;添加剤の使用
487
化学的変化をひきおこす処理によるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
63
6員芳香環の炭素原子に結合しているカルボキシル基をもつ化合物
33
多環式の酸
337
カルボキシル基が縮合環系に結合しているもの
34
2個の環を含有するもの
38
縮合環系の炭素原子に結合しているカルボキシル基を2個含有するもの
出願人: 고다 시게노리미쓰이세키유 가가쿠고교 가부시끼가이샤
発明者: 이와사끼 히로시
히로까네 노부야
이시바시 마사야수
이노끼 사토시
代理人: 문기상
문두현
조기호
優先権情報: 95-293101 10.11.1995 JP
96-121899 16.05.1996 JP
発明の名称: (KO) 조제 나프탈렌디카르복실산의 정제방법
要約:
(KO) 본 발명은 조제 나프탈렌디카르복실산을 물/알콜 용제와 혼합하여 나프탈렌디카르복실산의 일부를 에스테르화하고, 나프탈렌디카르복실산 에스테르를 용제중에 용해하고, 다음에 수소화 촉매의 존재하에 상기 반응 생성 혼합물과 수소를 접촉시켜서, 조제 나프탈렌디카르복실산에 함유된 수소화가 가능한 불순물을 수소화하고, 수소화 생성물을 물/메타놀 용제에 용해하여 제거하는 공정으로 된 조제 나프탈렌디카르복실산의 정제방법을 제공한다. 이렇게 하여 불순물의 함량이 저감된 나프탈렌디카르복신산과 나프탈렌디카르복신살 에스테르의 혼합물, 또는 고순도의 나프탈렌디카르복실산을 얻을 수 있다.
また、:
EP0802896US5872284JPH10512596 CN1168131CA2209907WO/1997/017318