国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (JPWO2011126085) 車両の前部床下構造

官庁 : 日本
出願番号: 2012509704 出願日: 07.04.2011
公開番号: WO2011126085 公開日: 13.10.2011
特許番号: 5516724 特許付与日: 11.04.2014
公報種別: B2
IPC:
B62D 37/02
B62D 35/02
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
37
制御された懸架装置を持たない車体の安定装置
02
空気力学的装置によるもの
B 処理操作;運輸
62
鉄道以外の路面車両
D
自動車;付随車
35
流線の形状に特徴のある車両の車体
02
下部外面が流線型のもの
出願人: 日産自動車株式会社
発明者: 垣内 武
阿高 雅弘
小川 洋平
中島 一昭
石原 裕二
代理人: 三好 秀和
優先権情報: 2010089336 08.04.2010 JP
発明の名称: (JA) 車両の前部床下構造
要約:
(JA)

フロントタイヤ(1L,1R)の車両前方位置にフロントディフレクタ(8L,8R)を設け、走行中、前部床下の周りを流れる走行風の流れを整える車両(EV)の前部床下構造である。フロントディフレクタ(8L,8R)は、フロントタイヤ(1L,1R)の直進状態タイヤ先端面(TFR)の位置よりも車両前方位置であって、フロントタイヤ(1L,1R)の直進状態タイヤ内面(TIN)の位置よりも車両センターライン(CL)に近い車幅方向内側位置に配置した前方頂部(8a)と、前方頂部(8a)よりも車両後方位置であって、前方頂部(8a)よりも車幅方向外側位置に配置した外側端部(8c)と、前方頂部(8a)と外側端部(8c)とを接続し、車両前方からの走行風を受けると、受けた走行風の流れを、車両外方に向かう流れに整える第2整流面(8e)と、を有する。


Also published as:
EP2557024US20130026783CN102822042RU2012147463RU0002520852MX2012011490
BR112012025377IN3395/KOLNP/2012WO/2011/126085