16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2011125889) 半導体集積回路システム及び半導体集積回路におけるパケット伝送制御方法

官庁 : 日本
出願番号: 2012509601 出願日: 31.03.2011
公開番号: WO2011125889 公開日: 13.10.2011
公報種別: A1
IPC:
H04L 12/701
H 電気
04
電気通信技術
L
デジタル情報の伝送,例.電信通信
12
データ交換ネットワーク
70
パケット交換方式
701
ルーチングまたはパス探索
出願人: 日本電気株式会社
発明者: 井上 浩明
代理人: 工藤 実
優先権情報: 2010087876 06.04.2010 JP
発明の名称: (JA) 半導体集積回路システム及び半導体集積回路におけるパケット伝送制御方法
要約: front page image
(JA)

半導体集積回路は、相互結合網を介して互いに接続された複数のコアと、相互結合網上に配置された複数のルータとを備える。各ルータは転送テーブルを備え、転送テーブルの各エントリは、マッチ条件にマッチするパケットの出力先を指定する。各ルータは、パケットを受け取ると転送テーブルの検索を行い、受信パケットにマッチするヒットエントリが転送テーブルに有れば、当該ヒットエントリで指定される出力先に受信パケットを転送する。経路制御回路は、送信元コアから宛先コアへのパケットの伝送経路を動的に決定し、且つ、当該決定経路上の各ルータに対して、当該決定経路に沿ってパケット伝送が行われるように転送テーブルを設定するよう指示する。


また、:
WO/2011/125889