16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JPWO2011125769) ハニカムフィルタ

官庁 : 日本
出願番号: 2012509531 出願日: 30.03.2011
公開番号: WO2011125769 公開日: 13.10.2011
公報種別: A1
IPC:
B01D 39/20
F01N 3/022
B01J 35/04
B01D 53/94
B01D 53/86
B01J 23/63
C04B 37/00
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
39
液体またはガス状流体用ろ過材
14
その他の自己支持ろ過材
20
無機物製のもの,例.アスベスト紙または針金を織ったものではない金属性ろ過材
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
022
特にフィルタの構造に特徴のあるもの,例.ハニカム状,網目状,または繊維状
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
35
形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02
固体
04
小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
74
廃ガス浄化のための一般的方法;そのため特に適合した装置または器具
86
触媒による方法
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38
貴金属に関するもの
54
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56
白金族金属
63
希土類またはアクチニドと結合したもの
C 化学;冶金
04
セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B
石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
37
焼成セラミック物品と他の焼成セラミック物品または他の物品との加熱による接合
出願人: 日本碍子株式会社
発明者: 水谷 貴志
永田 晃士
宮入 由紀夫
代理人: 特許業務法人アイテック国際特許事務所
優先権情報: 2010081901 31.03.2010 JP
発明の名称: (JA) ハニカムフィルタ
要約: front page image
(JA)

このハニカムフィルタ20は、一方の端部が開口され且つ他方の端部が目封止され流体の流路となるセルである小セル25と、一方の端部が目封じされ且つ他方の端部が開口しており小セル25よりも開口面積の大きいセルである大セル23とが形成されている。ハニカムフィルタ20は、大セル23と大セル23との間(大−大セル間)及び大セルと小セルとの間(大−小セル間)に形成されている隔壁部22と、隔壁部22上に形成され排ガスに含まれる固体成分(PM)を捕集・除去する層である捕集層24とを備えている。捕集層24は、大−大セル間捕集層24bの厚さが、大−小セル間捕集層24aの厚さの60%以上95%以下となるよう形成されている。


また、:
EP2554234WO/2011/125769