国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2001286009 ) 自動列車制御装置
注意: このテキストは、OCR 処理によってテキスト化されたものです。法的な用途には PDF 版をご利用ください。
【特許請求の範囲】
【請求項1】先行列車から後続列車までの距離関連情報に基づいて減速パターンを作成すると共に、速度検知器で列車速度を検知し、前記減速パターンと列車速度とを比較して列車の制動操作を行う自動列車制御装置であって、前記減速パターンには常用ブレーキ用の減速パターン,非常ブレーキ用の減速パターン及び余裕距離が非常ブレーキ用の前記減速パターンよりも短いバックアップ用の減速パターンがあり、常用ブレーキ用の減速パターン及び非常ブレーキ用の減速パターンとの比較に用いる速度検知器と、バックアップ用の減速パターンとの比較に用いる速度検知器とは別個のものであることを特徴とする自動列車制御装置。
【請求項2】バックアップ用の減速パターンとの比較に用いる速度検知器が非接触式の速度検知器である請求項1に記載の自動列車制御装置。
【請求項3】非接触式の速度検知器がドップラー速度計である請求項2に記載の自動列車制御装置。