国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (JP2012031165) 精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法

官庁 : 日本
出願番号: 2011150014 出願日: 06.07.2011
公開番号: 2012031165 公開日: 16.02.2012
公報種別: A
IPC:
A61K 31/216
A23L 2/70
A61K 9/08
A61P 9/12
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
21
エステル,例.ニトログリセリン,セレノシアネート
215
カルボン酸のエステル
216
芳香族環を持つ酸のエステル,例.ベナクチジン,クロフィブレート
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
L
A21DまたはA23BからA23Jまでに包含されない食品,食料品,または非アルコール性飲料;その調製または処理,例.加熱調理,栄養改善,物理的処理;食品または食料品の保存一般
2
非アルコール性飲料;その乾燥組成物または濃縮物;それらの調整
70
非アルコール飲料の透明化または清澄化;不要物質の除去
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
9
特別な物理的形態によって特徴づけられた医薬品の製剤
08
溶液剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
9
循環器系疾患の治療剤
12
抗高血圧剤
出願人: KAO CORP
花王株式会社
発明者: SUGIYAMA MASATERU
杉山 征輝
YAMAWAKI KENJI
山脇 健司
代理人: 特許業務法人アルガ特許事務所
高野 登志雄
中嶋 俊夫
村田 正樹
山本 博人
優先権情報: 2010153783 06.07.2010 JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCTION OF PURIFIED CHLOROGENIC ACID-CONTAINING PHARMACEUTICAL PREPARATION
(JA) 精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法
要約:
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a process for the production of a purified chlorogenic acid-containing pharmaceutical preparation useful in the production of chlorogenic acid-containing beverages which rarely become cloudy even in an acid region.

SOLUTION: The process for the production of a purified chlorogenic acid-containing pharmaceutical preparation includes: the first step of dispersing or dissolving a starting chlorogenic acid-containing composition in a mixed solvent consisting of an organic solvent and water in the presence of acid clay or activated clay; the second step of removing a precipitate formed in the dispersion or solution obtained in the first step; the third step of adjusting the solution obtained in the second step to a chlorogenic acid concentration of 1.5 to 10 mass% and a pH of 2 to 4; and the fourth step of removing a precipitate formed in the adjusted solution obtained in the third step.

COPYRIGHT: (C)2012,JPO&INPIT


(JA)

【課題】酸性領域においても濁りの発生が抑制されたクロロゲン酸類含有飲料の製造に有用な精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法を提供すること。
【解決手段】原料クロロゲン酸類含有組成物を、酸性白土又は活性白土の存在下に有機溶媒及び水の混合溶媒に分散又は溶解する第1の工程と、該第1の工程により得られた分散液又は溶解液中の析出物を除去する第2の工程と、該第2の工程により得られた溶液中のクロロゲン酸類の濃度を1.5〜10質量%、かつpHを2〜4に調整する第3の工程と、該第3の工程により得られた濃度調整液中に発生した析出物を分離する第4の工程を含む、精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法。
【選択図】なし


Also published as:
JP2012233006EP2592064US20130131165CN102985401WO/2012/005293