処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2022060949 - 伸び特性と耐食性に優れた低強度の厚鋼板

官庁
日本
出願番号 2020168729
出願日 05.10.2020
公開番号 2022060949
公開日 15.04.2022
公報種別 A
IPC
C22C 38/58
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
18クロムを含有するもの
40ニッケルを共に含有するもの
58マンガンを1.5重量%より多く含有するもの
C22C 38/00
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
C21D 8/02
C化学;冶金
21鉄冶金
D鉄系金属の物理的構造の改良;鉄系もしくは非鉄系金属または合金の熱処理用の一般的装置;脱炭,焼もどし,または他の処理による金属の可鍛化
8熱処理と結合した変形あるいは後に熱処理を伴う変形による物理的性質の改良
02板あるいはストリップの製造中におけるもの
B21B 1/38
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
B金属の圧延
1中実または輪かく状断面をもつ半製品を製造するための金属圧延方法または圧延機;圧延機列による連続作業;圧延機設備のレイアウト,例.スタンドの集合化;バスの連続またはカリバー形状の連続的変化
38限定された長さの板の圧延のためのもの,例.折り曲げ板,かさね板
CPC
C22C 38/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
CALLOYS
38Ferrous alloys, e.g. steel alloys
B21B 1/38
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
21MECHANICAL METAL-WORKING WITHOUT ESSENTIALLY REMOVING MATERIAL; PUNCHING METAL
BROLLING OF METAL
1Metal-rolling methods or mills for making semi-finished products of solid or profiled cross-section
38for rolling sheets of limited length, e.g. folded sheets, superimposed sheets, ; pack rolling
C22C 38/58
CCHEMISTRY; METALLURGY
22METALLURGY; FERROUS OR NON-FERROUS ALLOYS; TREATMENT OF ALLOYS OR NON-FERROUS METALS
CALLOYS
38Ferrous alloys, e.g. steel alloys
18containing chromium
40with nickel
58with more than 1.5% by weight of manganese
C21D 8/02
CCHEMISTRY; METALLURGY
21METALLURGY OF IRON
DMODIFYING THE PHYSICAL STRUCTURE OF FERROUS METALS; GENERAL DEVICES FOR HEAT TREATMENT OF FERROUS OR NON-FERROUS METALS OR ALLOYS; MAKING METAL MALLEABLE, e.g. BY DECARBURISATION OR TEMPERING
8Modifying the physical properties by deformation combined with, or followed by, heat treatment
02during manufacturing of plates or strips
出願人 株式会社神戸製鋼所
発明者 加藤 亮太
金子 雅人
阪下 真司
代理人 山尾 憲人
山田 純子
発明の名称
(JA) 伸び特性と耐食性に優れた低強度の厚鋼板
要約
(JA) 【課題】優れた耐食性と、低強度および高い伸び特性と、を両立させた厚鋼板を提供する。
【解決手段】所定の成分組成を有し、金属組織が、全金属組織に対する面積率で70%以上のフェライトを含み、残部がパーライト、ベイナイトおよびマルテンサイトよりなる群から選ばれる1種以上からなり、フェライト粒径が、3μm以上40μm以下であり、日本海事協会の船級規則K編材料(2019年度版)に準拠した標点間距離が200mmのNK-U1号の試験片を用いて引張試験したときに、引張強度が400MPa以上520MPa以下、破断伸びが16%以上、かつ均一伸びが13.5%以上である、伸び特性と耐食性に優れた低強度の厚鋼板である。
【選択図】図4

関連特許文献