処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2022057067 - 建設機械

官庁
日本
出願番号 2020165134
出願日 30.09.2020
公開番号 2022057067
公開日 11.04.2022
公報種別 A
IPC
E02F 9/12
E固定構造物
02水工;基礎;土砂の移送
F掘削;土砂の移送
9グループE02F3/00~E02F7/00に属するものに限定されない掘削機または土砂移送機械の部品
08上部構造物;上部構造物のための支持物
10走行または歩行装置にまたはその他の上部構造物上に取り付けた可動上部構造物のための支持物
12回転または旋回装置
E02F 9/00
E固定構造物
02水工;基礎;土砂の移送
F掘削;土砂の移送
9グループE02F3/00~E02F7/00に属するものに限定されない掘削機または土砂移送機械の部品
CPC
E02F 9/12
EFIXED CONSTRUCTIONS
02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
FDREDGING; SOIL-SHIFTING
9Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
08Superstructures; Supports for superstructures
10Supports for movable superstructures mounted on travelling or walking gears or on other superstructures
12Slewing or traversing gears
E02F 9/00
EFIXED CONSTRUCTIONS
02HYDRAULIC ENGINEERING; FOUNDATIONS; SOIL SHIFTING
FDREDGING; SOIL-SHIFTING
9Component parts of dredgers or soil-shifting machines, not restricted to one of the kinds covered by groups E02F3/00 - E02F7/00
出願人 ヤンマーホールディングス株式会社
発明者 米倉 澄
岡▲崎▼ 耕平
代理人 前井 宏之
発明の名称
(JA) 建設機械
要約
(JA) 【課題】上部旋回体と下部走行体との間を電気的により確実に接続する。
【解決手段】本発明の建設機械(100)は、下部走行体(200)と、上部旋回体(300)と、下部走行体(200)に対して上部旋回体(300)とともに旋回する回転連結部材(400)とを備える。回転連結部材(400)は、スイベルジョイント(410)と、スリップリングを含むロータリージョイント(420)と、ケーブル(320)と、連結部(430)と、スイベルジョイント(410)のボディー(412)に固定され、スリップリングの端子部(426)の回転を制限する回り止め部(440)とを有する。
【選択図】図2

関連特許文献