処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2022056751 - コミュニケーションシステム、コミュニケーション方法、及びコミュニケーションプログラム

官庁
日本
出願番号 2020164669
出願日 30.09.2020
公開番号 2022056751
公開日 11.04.2022
公報種別 A
IPC
H04M 3/56
H電気
04電気通信技術
M電話通信(電話ケーブルを通して他の装置を制御するための回路であって電話機開閉装置に関わらないものG08)
3自動または半自動交換機
42加入者に対する特殊なサービスを備えた方式
56幾人かの加入者を1つの共通回路に接続するための配置,会議ができるようにするための配置
CPC
H04M 3/56
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
MTELEPHONIC COMMUNICATION
3Automatic or semi-automatic exchanges
42Systems providing special services or facilities to subscribers
56Arrangements for connecting several subscribers to a common circuit, i.e. affording conference facilities
出願人 jinjer株式会社
発明者 柏井 宏太朗
清水 翔
岡村 哲也
代理人 菊地 保宏
発明の名称
(JA) コミュニケーションシステム、コミュニケーション方法、及びコミュニケーションプログラム
要約
(JA) 【課題】テレワークの環境においても一組織内での内線電話機能を簡単に実現することができるコミュニケーションシステムを提供する。
【解決手段】利用者が携行する情報処理端末2Aを用いて、利用者間のコミュニケーションを行うコミュニケーションシステム200は、組織に関する組織情報と組織に所属する利用者に関する利用者情報とを対応付けた内線利用者データ13記憶する記憶部11Aと、記憶部11に記憶された組織情報及び利用者情報に基づいて、同一組織内の利用者間のコミュニケーション通信を制御する通信制御部(制御部12A、コミュニケーションアプリ21A)と、を備え、通信制御部は、一の利用者から複数の利用者に対するコミュニケーション通信を実行する。
【選択図】図6

関連特許文献