処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2022052467 - 検査支援装置、検査支援方法および検査支援プログラム

官庁
日本
出願番号 2020158885
出願日 23.09.2020
公開番号 2022052467
公開日 04.04.2022
公報種別 A
IPC
A61B 1/045
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
B診断;手術;個人識別
1視覚または写真的検査による人体の窩部または管部の内側の診断を行なうための機器,例.内視鏡そのための照明装置
04撮影機またはテレビジョン装置と結合されているもの
045その制御
CPC
A61B 1/045
AHUMAN NECESSITIES
61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
1Instruments for performing medical examinations of the interior of cavities or tubes of the body by visual or photographical inspection, e.g. endoscopes
04combined with photographic or television appliances
045Control therefor
出願人 株式会社AIメディカルサービス
発明者 井元 裕也
渕田 信一
代理人 稲葉 良幸
大貫 敏史
江口 昭彦
内藤 和彦
発明の名称
(JA) 検査支援装置、検査支援方法および検査支援プログラム
要約
(JA) 【課題】内視鏡システムから送られてくる画像信号から内視鏡システムで撮像された撮像画像を表す画像領域を適切に切り出して画像分析の利用に供する検査支援装置を提供する。
【解決手段】検査支援装置は、被検者の体内に挿通されるカメラユニットを備える内視鏡システムに接続して利用される検査支援装置であって、内視鏡システムが外部装置へ提供する画像信号を逐次取得する取得部と、画像信号から逐次生成されるフレーム画像に対して前後するフレーム画像間の差分を検出する検出部と、検出部が検出した差分の差分量が基準量以上となる変化領域に基づいて、カメラユニットで撮像された撮像画像を表す画像領域を確定する確定部とを備える。
【選択図】図4

関連特許文献