処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 火曜日 25.01.2022 (9:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. JPWO2020250744 - 防振装置

官庁
日本
出願番号 2021526016
出願日 02.06.2020
公開番号 WO2020250744
公開日 17.12.2020
公報種別 A1
CPC
F16F 13/10
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
FSPRINGS; SHOCK-ABSORBERS; MEANS FOR DAMPING VIBRATION
13Units comprising springs of the non-fluid type as well as vibration-dampers, shock-absorbers, or fluid springs
04comprising both a plastics spring and a damper, e.g. a friction damper
06the damper being a fluid damper, e.g. the plastics spring not forming a part of the wall of the fluid chamber of the damper
08the plastics spring forming at least a part of the wall of the fluid chamber of the damper
10the wall being at least in part formed by a flexible membrane or the like
出願人 山下ゴム株式会社
発明者 門脇 宏和
代理人 特許業務法人磯野国際特許商標事務所
優先権情報 2019108956 11.06.2019 JP
発明の名称
(JA) 防振装置
要約
(JA)

防振装置(10)であって、第一取付部材(30)と第二取付部材(40)との間に介設されたインシュレータ(50)を備え、第二ブラケット(90)の内部空間(95)に配置される。第一取付部材(30)には、第二ブラケット(90)の内面に対峙する二つの側壁(33,33)が平行して形成されている。第二取付部材(40)は、開口部(41a)が上下方向に貫通している筒状の部材である。側壁(33)の側縁部の少なくとも一方が第二取付部材(40)の開口部(41a)よりも外側に配置されている。側壁(33)の外面には、弾性部材によってストッパ(51)が設けられている。この構成では、ストッパ(51)が第二ブラケット(90)に当たったときの衝撃を十分に吸収することができる。


Related patent documents