処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2021059615 - 硬化性組成物、硬化物、及び硬化物の形成方法

官庁
日本
出願番号 2019182545
出願日 02.10.2019
公開番号 2021059615
公開日 15.04.2021
公報種別 A
CPC
C08G 59/68
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
GMACROMOLECULAR COMPOUNDS OBTAINED OTHERWISE THAN BY REACTIONS ONLY INVOLVING UNSATURATED CARBON-TO-CARBON BONDS
59Polycondensates containing more than one epoxy group per molecule
18Macromolecules obtained by polymerising compounds containing more than one epoxy group per molecule using curing agents or catalysts which react with the epoxy groups ; ; e.g. general methods of curing
68characterised by the catalysts used
C08L 63/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
63Compositions of epoxy resins; Compositions of derivatives of epoxy resins
出願人 東京応化工業株式会社
発明者 チョウ エンセイ
塩田 大
染谷 和也
引田 二郎
代理人 正林 真之
林 一好
発明の名称
(JA) 硬化性組成物、硬化物、及び硬化物の形成方法
要約
(JA)

【課題】硬化時の硬化物の着色の抑制と、良好な硬化性とを両立できるカチオン硬化性の硬化性組成物と、当該硬化性組成物の硬化物と、当該硬化性組成物を用いる硬化物の形成方法とを提供すること。
【解決手段】カチオン硬化剤(A)と、カチオン硬化性化合物(B)とを含む硬化性組成物において、特定の構造のカチオン部を有するオニウム塩からなる光酸発生剤(A1)と、特定の構造の含ガリウムアニオンをアニオン部として有する熱酸発生剤(A2)とを組み合わせて含むカチオン硬化剤を用いる。
【選択図】なし

他の公開