処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020200643 - ガスハイドレート層への薬剤注入効果及び安定化効果の向上方法

官庁
日本
出願番号 2019107706
出願日 10.06.2019
公開番号 2020200643
公開日 17.12.2020
公報種別 A
IPC
E21B 43/00
E固定構造物
21地中もしくは岩石の削孔;採鉱
B地中もしくは岩石の削孔;探掘井からの石油,ガス,水,溶解性または溶融性物質または鉱物の懸濁液の採取
43深掘井から石油,ガス,水,溶解性または溶融性物質または鉱物の懸濁液を採取するための方法または装置
CPC
E21B 43/00
EFIXED CONSTRUCTIONS
21EARTH DRILLING; MINING
BEARTH DRILLING, e.g. DEEP DRILLING
43Methods or apparatus for obtaining oil, gas, water, soluble or meltable materials or a slurry of minerals from wells
出願人 JAPAN E&P INTERNATIONAL CORP
E&P国際商事株式会社
KURIHARA MASANORI
栗原 正典
発明者 LIU YUCHEN
劉 雨晨
KURIHARA MASANORI
栗原 正典
代理人 植村 貴昭
発明の名称
(EN) CHEMICAL INJECTION EFFECT ON GAS-HYDRATE LAYER AND IMPROVEMENT METHOD OF STABILIZATION EFFECT
(JA) ガスハイドレート層への薬剤注入効果及び安定化効果の向上方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To solve the problems in which existing stabilization methods are inadequate for high saturation methane hydrate layers in dealing with stratum consolidation and underground sand discharge in the production of sand layer type methane hydrate.

SOLUTION: By adding an inhibitor (production inhibitor/decomposition accelerator) capable of promoting the decomposition of methane hydrate to a methane hydrate layer to be developed, or by heating the target layer, the methane hydrate with which the pores of the sand is filled is partially decomposed. Decomposition of methane hydrate reduces the saturation rate and improves the permeability of the layer. This makes it possible to inject a drug into a methane hydrate layer having a high saturation rate, which has been difficult to inject. Further, the exposed surface of the sand particles is expanded due to the decrease in the saturation rate, and the contact area with the improving agent can be secured. As a result, the effect of adhering to sand particles can be improved, and the effect of stabilizing the methane hydrate layer by the chemical injection method can be improved.

SELECTED DRAWING: Figure 2

COPYRIGHT: (C)2021,JPO&INPIT


(JA)

【課題】
砂層型メタンハイドレートの生産では、地層圧密や坑内出砂という問題点があるが、既存の安定化手法では、高飽和率のメタンハイドレート層に対して効果が不十分である。
【解決手段】
本発明は、開発対象とされるメタンハイドレート層に、メタンハイドレートの分解を促進できるインヒビター(生成阻害剤/分解促進剤)を投入する、または対象地層を加熱することで、砂の孔隙に充填するメタンハイドレートを一部分解させる。メタンハイドレートの分解により飽和率が低下し、地層の浸透率が改善される。これにより、従来では薬剤の注入が困難とされていた高飽和率のメタンハイドレート層にも注入可能になる。さらに、飽和率の低下により砂粒子の露出表面が拡大し、改良剤との接触面積を確保できる。これにより、砂粒子への固着効果を改善させ、薬剤注入法によるメタンハイドレート層の安定化効果を向上させることができる。
【選択図】図2


Related patent documents