処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020196590 - 原料払出装置及び電子・電気機器部品屑の処理方法

官庁
日本
出願番号 2019104043
出願日 03.06.2019
公開番号 2020196590
公開日 10.12.2020
公報種別 A
IPC
B65G 65/44
B処理操作;運輸
65運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
G運搬または貯蔵装置,例.荷積みまたは荷あげ用コンベヤ;作業場コンベヤシステムまたは気体式チューブコンベヤ
65荷積みまたは荷おろし
30バンカー,ホッパ,タンク,または類似の容器の充てんまたは荷あけのための方法または装置であって,特殊な化学的なまたは物理的なプロセスでの使用または,特殊な機械での適用から離れたもの,例.他のただ一類のサブクラスでは網羅されないもの
34荷あけ装置
40頂部以外のところから荷あけする装置
44往復運動するコンベヤを使用するもの,例.揺動コンベヤ
C22B 7/00
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B金属の製造または精製;原料の予備処理
7鉱石以外の他の原材料,例.スクラップ,からの非鉄金属またはその化合物抽出のための処理
B09B 5/00
B処理操作;運輸
09固体廃棄物の処理;汚染土壌の再生
B固体廃棄物の処理
5他の単一サブクラスまたはこのサブクラス内の他の単一グループに包含されない操作
CPC
Y02P 10/20
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
10Technologies related to metal processing
20Recycling
出願人 JX NIPPON MINING & METALS CORP
JX金属株式会社
発明者 AOKI KATSUSHI
青木 勝志
代理人 アクシス国際特許業務法人
発明の名称
(EN) RAW MATERIAL DISCHARGE DEVICE AND TREATMENT METHOD OF COMPONENT SCRAP OF ELECTRIC AND ELECTRONIC DEVICE
(JA) 原料払出装置及び電子・電気機器部品屑の処理方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a raw material discharge device capable of efficiently discharging raw materials containing raw materials of various shapes and specific gravities mixed therein for every certain amount, and a treatment method of component scrap of electric an electronic device using the same.

SOLUTION: A raw material discharge device 100 has: a raw material storing part 1 having a discharge port 11 at one end; a discharging part 2 arranged on a bottom face 15 of the storing part 1, transporting the raw material toward the discharging port 11, and discharging it outside the storing part 1; and an adjustment part 3 having multiple columns 31 extending downward from an upper side of the discharging part 2 and adjusting the discharged amount of the raw material to be discharged by suppressing part of the raw material by the columns 31. Each of a ratio of an interval between the column 31 nearest to side faces 13, 14 of the storing part 1 and the side faces 13, 14 to a smallest interval between the central columns 31 of the storing part 1, and a ratio of a height of the column 31 nearest to side faces 13, 14 from a floor to the minimum height from the floor of the columns 31 other than the column 31 nearest to the side faces 13, 14, is adjusted.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2021,JPO&INPIT


(JA)

【課題】種々の形状、比重、形状の原料が混在する原料を一定量毎に効率よく払出することが可能な原料払出装置及びこれを用いた電子・電気機器部品屑の処理方法を提供する。
【解決手段】払出口11を一端に備え、原料を貯留する貯留部1と、貯留部1の底面15に配置され、払出口11へ向けて原料を搬送し、貯留部1の外へと払い出す払出部2と、払出部2の上方から下方へと延びる複数の支柱31を備え、支柱31により原料の一部を抑えて払い出される原料の量を調整する調整部3とを備え、貯留部1の側面13、14に最も近い支柱31と側面13、14との間の間隔と、貯留部1の中央部の支柱31間の間隔の最も狭い間隔の比と、側面13、14に最も近い支柱31の床からの高さと、側面13、14に最も近い支柱31以外の支柱31の床からの最小の高さの比とをそれぞれ調整する原料払出装置100である。
【選択図】図1


Related patent documents
EP2020819496This application is not viewable in PATENTSCOPE because the national phase entry has not been published yet or the national entry is issued from a country that does not share data with WIPO or there is a formatting issue or an unavailability of the application.