処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020194147 - 投影装置及びヘッドアップディスプレイ

官庁
日本
出願番号 2019101313
出願日 30.05.2019
公開番号 2020194147
公開日 03.12.2020
公報種別 A
IPC
G02B 27/01
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
27他の光学系;他の光学装置
01ヘッドアップディスプレイ
B60K 35/00
B処理操作;運輸
60車両一般
K車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の車両への配置または取付け;車両用の補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
35計器の配置または適用
CPC
B60K 35/00
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
60VEHICLES IN GENERAL
KARRANGEMENT OR MOUNTING OF PROPULSION UNITS OR OF TRANSMISSIONS IN VEHICLES; ARRANGEMENT OR MOUNTING OF PLURAL DIVERSE PRIME-MOVERS IN VEHICLES; AUXILIARY DRIVES FOR VEHICLES; INSTRUMENTATION OR DASHBOARDS FOR VEHICLES; ARRANGEMENTS IN CONNECTION WITH COOLING, AIR INTAKE, GAS EXHAUST OR FUEL SUPPLY OF PROPULSION UNITS IN VEHICLES
35Arrangement of adaptations of instruments
G02B 27/01
GPHYSICS
02OPTICS
BOPTICAL ELEMENTS, SYSTEMS, OR APPARATUS
27Optical systems or apparatus not provided for by any of the groups G02B1/00 - G02B26/00, G02B30/00
01Head-up displays
出願人 PANASONIC IP MANAGEMENT CORP
パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 HARA HIRONORI
原 広紀
ASAI YOSUKE
淺井 陽介
SUGIYAMA KEIJI
杉山 圭司
TAKASE HIROSHI
高瀬 裕志
代理人 小谷 悦司
小谷 昌崇
西谷 浩治
発明の名称
(EN) PROJECTION DEVICE AND HEAD-UP DISPLAY
(JA) 投影装置及びヘッドアップディスプレイ
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the mountability of a head-up display onto a vehicle while suppressing luminance unevenness of images output from a spatial modulation element.

SOLUTION: The projection device includes: a plurality of light sources arranged in a first direction; a spatial modulation element that outputs incident light after modulating into image information; a lens that changes the optical path of light emitted from each light source so that the light emitted from each of the plurality of light sources reaches the same area of the incidence plane of the spatial modulation element; and a first reflection optical member that deflects the light emitted from the lens toward the spatial modulation element. The first reflection optical member has a shape that reflects light so that the light emitted from the lens is incident at a reference incident angle at any point on the plane of incidence which is a predetermined point of the spatial modulation element.

SELECTED DRAWING: Figure 2

COPYRIGHT: (C)2021,JPO&INPIT


(JA)

【課題】空間変調素子が出射する画像の輝度ムラを抑制しつつ、車両に対するヘッドアップディスプレイの搭載性を向上させる。
【解決手段】投影装置は、第1方向に配置される複数の光源と、入射した光を画像情報に変調して出射する空間変調素子と、複数の光源のそれぞれから出射される光が空間変調素子の入射面の同一領域に到達するように各光源から出射される光の光路を変化させるレンズと、レンズから出射された光を空間変調素子に向けて偏向する第1反射光学部材とを備え、第1反射光学部材は、空間変調素子の入射面の任意の点に対して予め定められた基準入射角度で、レンズから出射される光が入射するように光を反射させる形状を有する。
【選択図】図2


Related patent documents