処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 火曜日 25.01.2022 (9:00 午前 CET)
設定

設定

出願の表示

1. JP2020192691 - 意匠性亜鉛めっき鋼板

官庁
日本
出願番号 2019098050
出願日 24.05.2019
公開番号 2020192691
公開日 03.12.2020
公報種別 A
IPC
B32B 15/08
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08合成樹脂の層に隣接したもの
B32B 15/18
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
18鉄または鋼からなるもの
B32B 27/20
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
18特別な添加剤の使用を特徴とするもの
20充てん剤,顔料,揺変性の剤を用いるもの
C23C 28/00
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
28メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
出願人 NIPPON STEEL CORP
日本製鉄株式会社
発明者 FUTABA KEIJI
二葉 敬士
ISHIZUKA KIYOKAZU
石塚 清和
SHIBAO FUMIO
柴尾 史生
KUME KURUMI
久米 くるみ
YOKOMICHI TAKUYA
横道 拓哉
MIYATA TAKUYA
宮田 卓哉
代理人 アセンド特許業務法人
発明の名称
(EN) DESIGNABLE GALVANIZED SHEET IRON
(JA) 意匠性亜鉛めっき鋼板
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a designable galvanized sheet iron capable of visually recognizing a surface of a galvanized layer and preventing a color tone from being changed while having a colored external appearance.

SOLUTION: A designable galvanized sheet iron 1 according to one embodiment of this invention has a laminated resin layer 30 comprising a plurality of colored resin layers L1 to LN, wherein: a total sum of products obtained by multiplying each content (area%) of a pigment in the corresponding colored resin layer by thickness (μm) of the colored resin layer is 12.0 area% μm or less; and when the colored resin layer having the greatest product obtained by multiplying the content (area%) of the pigment therein by the thickness (μm) thereof than others is defined as a deepest-colored resin layer, and when the colored resin layer having the second greatest product is defined as a second deepest-colored resin layer, the following formula (1) is satisfied: 1.00<(C1ST×D1ST)/(C2ND×D2ND)≤4.00 (1). In the formula, C1ST is a content (area%) of a pigment in the deepest-colored resin layer and D1ST is thickness (μm) thereof; and C2ND is a content (area%) of a pigment in the second deepest-colored resin layer and D2ND is thickness (μm) thereof.

SELECTED DRAWING: Figure 6

COPYRIGHT: (C)2021,JPO&INPIT


(JA)

【課題】着色した外観でありながら、亜鉛めっき層の表面を視認可能であり、色調の変動を抑制できる、意匠性亜鉛めっき鋼板を提供する。
【解決手段】本実施形態の意匠性亜鉛めっき鋼板1の積層樹脂層30の複数の着色樹脂層L1〜LNでは、各着色樹脂層中の顔料の含有量(面積%)と着色樹脂層の厚さ(μm)との積の総和が12.0面積%・μm以下であり、着色樹脂層中の顔料の含有量(面積%)と着色樹脂層の厚さ(μm)との積が最大となる着色樹脂層を最濃色着色樹脂層と定義し、上述の積が2番目に大きい着色樹脂層を第2濃色着色樹脂層と定義したとき、最濃色着色樹脂層の顔料の含有量C1ST(面積%)及び厚さD1ST(μm)と、第2濃色着色樹脂層の顔料の含有量C2ND(面積%)及び厚さD2ND(μm)とは、式(1)を満たす。
1.00<(C1ST×D1ST)/(C2ND×D2ND)≦4.00 (1)
【選択図】図6


Related patent documents