処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020163364 - イオン除去システム

官庁
日本
出願番号 2019139357
出願日 30.07.2019
公開番号 2020163364
公開日 08.10.2020
公報種別 A
IPC
C02F 1/24
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
24浮上によるもの
C02F 1/461
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
46電気化学的方法によるもの
461電解によるもの
出願人 PANASONIC IP MANAGEMENT CORP
パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 TAKEHISA AYANE
竹久 綾音
KANDA TAKUYA
神田 卓矢
AKITA TOMOHIRO
穐田 朋弘
MAEDA YASUNARI
前田 康成
代理人 松谷 道子
岡部 博史
山田 裕三
優先権情報 2019061699 27.03.2019 JP
発明の名称
(EN) ION REMOVING SYSTEM
(JA) イオン除去システム
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an ion removing system enhancing a metal ion removal effect.

SOLUTION: An ion removing system comprises: an electrolysis device generating alkaline water and acidic water by electrolysis; a hard water flow passage connected to the electrolysis device and supplying hard water to the electrolysis device; a batch processing tank mounted in the middle of the hard water flow passage and housing the hard water; a return flow passage connected to the batch processing tank so as to return the alkaline water or the acidic water generated by the electrolysis device to the batch processing tank; and a fine bubble generator generating fine bubbles in a circulation flow passage including the batch processing tank, the electrolysis device and the return flow passage, and adsorbing metal ions in the water by the generated fine bubbles to remove the metal ions from the water.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2021,JPO&INPIT


(JA)

【課題】金属イオンの除去効果を高めることができるイオン除去システムを提供すること。
【解決手段】イオン除去システムは、電気分解によりアルカリ水と酸性水とを生成する電気分解装置と、電気分解装置に接続され、電気分解装置に硬水を供給する硬水流路と、硬水流路の途中に設けられ、硬水を収容するバッチ処理タンクと、電気分解装置が生成したアルカリ水又は酸性水をバッチ処理タンクに戻すようにバッチ処理タンクに接続される戻し流路と、バッチ処理タンク、電気分解装置および戻し流路を含む循環流路に微細気泡を発生させる微細気泡発生装置であって、発生させた微細気泡により水中の金属イオンを吸着して除去する、微細気泡発生装置と、を備える。
【選択図】図1


関連特許文献
US17442361出願が移行したが国内段階でまだ公開されていないか、WIPO にデータを提供していない国への移行が通知されたか、あるいは出願の形式に問題があり、またはその他の理由で利用可能な状態でないため、PATENTSCOPE で表示できません。