処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020128813 - 防振装置

官庁 日本
出願番号 2019070842
出願日 02.04.2019
公開番号 2020128813
公開日 27.08.2020
公報種別 A
IPC
F16F 15/04
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
Fばね;緩衝装置;振動減衰手段
15機構の振動防止;不釣合力,例.運動の結果として生ずる力,を回避または減少させる方法または装置
02非回転機構,例.往復運動機構,の振動防止;回転機構と共に運動しない部材を用いる回転機構の振動防止
04弾性手段を用いるもの
B60H 1/32
B処理操作;運輸
60車両一般
H特に車両の客室または貨物室の暖房,冷房,換気,または他の空気処理手段に関する装置または改造装置
1暖房,冷房または換気装置
32冷房装置
B60K 5/12
B処理操作;運輸
60車両一般
K車両の推進装置または動力伝達装置の配置または取付け;複数の異なった原動力の車両への配置または取付け;車両用の補助駆動装置;車両用計装または計器板;車両の推進装置の冷却,吸気,排気または燃料供給に関する配置
5内燃またはジェット推進装置の配置または取付け
12機関支持装置
出願人 SOKEN INC
株式会社SOKEN
DENSO CORP
株式会社デンソー
発明者 HAYASHI KAZUHIRO
林 和宏
HIJIKATA YASUTANE
土方 康種
代理人 特許業務法人ゆうあい特許事務所
優先権情報 2019021775 08.02.2019 JP
発明の名称
(EN) VIBRATION ISOLATING DEVICE
(JA) 防振装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To make compatible the durability of resilient members 30a, 30b, 30c and 30d and the vibration isolation performance of a compressor 10 with each other.

SOLUTION: A support member 40 supporting a compressor 10 via resilient members 30a, 30b, 30c and 30d is installed in a vehicle body 20. The resilient members 30a, 30b, 30c and 30d are arranged between leg portions 40a, 40b, 40c and 40d of the support member 40 and the compressor 10. The resilient members 30a, 30b, 30c and 30d suppress the propagation of vibration from the compressor 10 to the vehicle body 20 via the leg portions 40a, 40b, 40c and 40d of the support member 40. In order to make compatible the durability of the resilient members 30a, 30b, 30c and 30d and vibration isolation performance with each other when the compressor 10 vibrates at a six-degree of freedom, the compressor 10 and the resilient members 30a, 30b, 30c and 30d are set so as to make six resonance frequencies generated at the compressor 10 match one prescribed frequency.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2020,JPO&INPIT

(JA)

【課題】弾性部材30a、30b、30c、30dの耐久性とコンプレッサ10の防振の性能とを両立させる。
【解決手段】車体20には、弾性部材30a、30b、30c、30dを介してコンプレッサ10を支える支持部材40が設置されている。弾性部材30a、30b、30c、30dは、支持部材40の脚部40a、40b、40c、40dおよびコンプレッサ10の間に配置されている。弾性部材30a、30b、30c、30dは、コンプレッサ10からの振動が支持部材40の脚部40a、40b、40c、40dを介して車体20に伝わることを弾性変形によって抑制する。コンプレッサ10が6自由度で振動した際に、弾性部材30a、30b、30c、30dの耐久性と防振の性能とを両立させるために、コンプレッサ10に生じる6つの共振周波数を1つの所定周波数に一致させるようにコンプレッサ10および弾性部材30a、30b、30c、30dが設定されている。
【選択図】図1

他の公開