処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020129165 - クレジット区間特定装置、クレジット区間特定方法及びプログラム

官庁 日本
出願番号 2019020322
出願日 07.02.2019
公開番号 2020129165
公開日 27.08.2020
公報種別 A
IPC
G06F 16/60
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
16情報検索;そのためのデータベース構造;そのためのファイルシステム構造
60音声データ
G10L 15/00
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
G10L 15/10
G物理学
10楽器;音響
L音声の分析または合成;音声認識;音声処理;音声または音響の符号化と復号化
15音声認識
08音声の識別または探索
10未知音声と標準パタンとの距離または歪みを用いるもの
H04N 17/00
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
17テレビジョン方式またはその細部のための診断,試験または測定
H04N 21/442
H電気
04電気通信技術
N画像通信,例.テレビジョン
21選択的なコンテンツ配信,例.双方向テレビジョンまたはビデオオンデマンド[2011.01]
40コンテンツの受信またはコンテンツとの相互作用に特に適合したクライアントの機器,例.STB;それらの操作
43コンテンツまたは付加データの処理,例.デジタル・ビデオストリームからの付加データの多重分離;基礎的なクライアント操作,例.ホーム・ネットワークの監視またはデコーダ・クロックの同期;クライアントのミドルウェア
442処理またはリソースの監視,例.記録装置の失敗の検出,下りの帯域,映画が視聴された回数あるいは内部のハードディスクから利用可能な蓄積スペースの監視
CPC
G10L 15/00
GPHYSICS
10MUSICAL INSTRUMENTS; ACOUSTICS
LSPEECH ANALYSIS OR SYNTHESIS; SPEECH RECOGNITION; SPEECH OR VOICE PROCESSING; SPEECH OR AUDIO CODING OR DECODING
15Speech recognition
G10L 15/10
GPHYSICS
10MUSICAL INSTRUMENTS; ACOUSTICS
LSPEECH ANALYSIS OR SYNTHESIS; SPEECH RECOGNITION; SPEECH OR VOICE PROCESSING; SPEECH OR AUDIO CODING OR DECODING
15Speech recognition
08Speech classification or search
10using distance or distortion measures between unknown speech and reference templates
G06F 16/60
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
16Information retrieval; Database structures therefor; File system structures therefor
60of audio data
G06F 16/65
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
16Information retrieval; Database structures therefor; File system structures therefor
60of audio data
65Clustering; Classification
H04N 17/00
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
17Diagnosis, testing or measuring for television systems or their details
H04N 21/442
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
NPICTORIAL COMMUNICATION, e.g. TELEVISION
21Selective content distribution, e.g. interactive television or video on demand [VOD]
40Client devices specifically adapted for the reception of or interaction with content, e.g. set-top-box [STB]; Operations thereof
43Processing of content or additional data, e.g. demultiplexing additional data from a digital video stream; Elementary client operations, e.g. monitoring of home network or synchronising decoder's clock; Client middleware
442Monitoring of processes or resources, e.g. detecting the failure of a recording device, monitoring the downstream bandwidth, the number of times a movie has been viewed, the storage space available from the internal hard disk
出願人 NIPPON TELEGR & TELEPH CORP
日本電信電話株式会社
発明者 OISHI YASUTOMO
大石 康智
KAWANISHI TAKAHITO
川西 隆仁
KASHINO KUNIO
柏野 邦夫
代理人 伊東 忠重
伊東 忠彦
石原 隆治
発明の名称
(EN) CREDIT TERM SPECIFICATION DEVICE, CREDIT TERM SPECIFICATION METHOD, AND PROGRAM
(JA) クレジット区間特定装置、クレジット区間特定方法及びプログラム
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To make specification of a credit term efficient.

SOLUTION: A credit term specification device includes an extraction unit which extracts a plurality of first partial voice signals each being a part of a first voice signal and having deviations with each other in a time direction from the first voice signal, and a specification unit which specifies a credit term in the first voice signal by determining whether a credit is included in the first partial voice signals on the basis of an association of second partial voice signals extracted from a second voice signal and presence or absence of the credit.

SELECTED DRAWING: Figure 2

COPYRIGHT: (C)2020,JPO&INPIT

(JA)

【課題】クレジットの区間の特定を効率化すること。
【解決手段】クレジット区間特定装置は、第1の音声信号から、それぞれが前記第1の音声信号の一部であり、相互に時間方向にずれを有する複数の第1の部分音声信号を抽出する抽出部と、前記各第1の部分音声信号にクレジットが含まれるか否かを、第2の音声信号から抽出される各第2の部分音声信号とクレジットの有無との関連付けに基づいて判定することで、前記第1の音声信号におけるクレジットの区間を特定する特定部と、を有する。
【選択図】図2

他の公開