処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020123638 - 放熱部材およびその製造方法

官庁 日本
出願番号 2019013762
出願日 30.01.2019
公開番号 2020123638
公開日 13.08.2020
公報種別 A
IPC
H01L 23/36
H電気
01基本的電気素子
L半導体装置,他に属さない電気的固体装置
23半導体または他の固体装置の細部
34冷却,加熱,換気または温度補償用装置
36冷却または加熱を容易にするための材料の選択または成形,例.ヒート・シンク
C04B 41/88
C化学;冶金
04セメント;コンクリート;人造石;セラミックス;耐火物
B石灰;マグネシア;スラグ;セメント;その組成物,例.モルタル,コンクリートまたは類似の建築材料;人造石;セラミックス;耐火物;天然石の処理
41モルタル,コンクリート,人造石またはセラミックスの後処理;天然石の処理
80セラミックスのみの
81被覆または含浸
85無機物によるもの
88金属
CPC
C04B 41/88
CCHEMISTRY; METALLURGY
04CEMENTS; CONCRETE; ARTIFICIAL STONE; CERAMICS; REFRACTORIES
BLIME, MAGNESIA; SLAG; CEMENTS; COMPOSITIONS THEREOF, e.g. MORTARS, CONCRETE OR LIKE BUILDING MATERIALS; ARTIFICIAL STONE
41After-treatment of mortars, concrete, artificial stone or ceramics; Treatment of natural stone
80of only ceramics
81Coating or impregnation
85with inorganic materials
88Metals
H01L 23/36
HELECTRICITY
01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
LSEMICONDUCTOR DEVICES; ELECTRIC SOLID STATE DEVICES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
23Details of semiconductor or other solid state devices
34Arrangements for cooling, heating, ventilating or temperature compensation ; ; Temperature sensing arrangements
36Selection of materials, or shaping, to facilitate cooling or heating, e.g. heatsinks
出願人 DENKA CO LTD
デンカ株式会社
発明者 GOTO DAISUKE
後藤 大助
OTA HIROAKI
太田 寛朗
代理人 速水 進治
発明の名称
(EN) HEAT-DISSIPATING MEMBER AND MANUFACTURING METHOD THEREOF
(JA) 放熱部材およびその製造方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the manufacturing stability (such as the yield) in manufacturing, e.g., a power module by connecting a component to one surface of a curved heat-dissipating member.

SOLUTION: There is provided a plate-shaped heat-dissipating member provided with a metal-silicon carbide composite comprising aluminium or magnesium, in which at least one of two main surfaces of the heat-dissipating member is curved in a convex shape toward the exterior of the heat-dissipating member. If f1 refers to the flatness of one of the main surfaces as stipulated by JIS B 0621, and f2 refers to the flatness of the other of the main surfaces, which is not the one of the main surfaces, as stipulated by JIS B 0621, then f2 is at least 10 μm smaller than f1.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2020,JPO&INPIT

(JA)

【課題】湾曲した放熱部材の片面に部品を接続してパワーモジュール等を製造に当たって、その製造安定性(歩留まりなど)を改善すること。
【解決手段】アルミニウムまたはマグネシウムを含む金属−炭化珪素質複合体を備えた板状の放熱部材であって、放熱部材の2つの主面のうち少なくとも一方の主面は、放熱部材の外側方向に凸型に湾曲しており、その一方の主面の、JIS B 0621で規定される平面度をfとし、その一方の主面とは異なる主面である他方の主面の、JIS B 0621で規定される平面度をfとしたとき、fのほうがfよりも10μm以上小さい放熱部材。
【選択図】図1

他の公開