処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020123779 - 水晶発振回路の基板レイアウト方法及び配線方法

官庁 日本
出願番号 2019013373
出願日 29.01.2019
公開番号 2020123779
公開日 13.08.2020
公報種別 A
IPC
H03B 5/32
H電気
03基本電子回路
B振動の発生,直接のまたは周波数変換による振動の発生,スイッチング動作を行なわない能動素子を用いた回路による振動の発生;このような回路による雑音の発生
5出力から入力への再生帰還による増幅器を用いた振動の発生
30周波数決定素子が電気機械的振動子であるもの
32圧電気振動子であるもの
H05K 1/02
H電気
05他に分類されない電気技術
K印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
1印刷回路
02細部
CPC
H03B 5/32
HELECTRICITY
03BASIC ELECTRONIC CIRCUITRY
BGENERATION OF OSCILLATIONS, DIRECTLY OR BY FREQUENCY-CHANGING, BY CIRCUITS EMPLOYING ACTIVE ELEMENTS WHICH OPERATE IN A NON-SWITCHING MANNER; GENERATION OF NOISE BY SUCH CIRCUITS
5Generation of oscillations using amplifier with regenerative feedback from output to input
30with frequency-determining element being electromechanical resonator
32being a piezo-electric resonator
H05K 1/02
HELECTRICITY
05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
KPRINTED CIRCUITS; CASINGS OR CONSTRUCTIONAL DETAILS OF ELECTRIC APPARATUS; MANUFACTURE OF ASSEMBLAGES OF ELECTRICAL COMPONENTS
1Printed circuits
02Details
出願人 PANASONIC IP MANAGEMENT CORP
パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 HATANO TOSHINOBU
秦野 敏信
代理人 吉田 将明
発明の名称
(EN) CRYSTAL OSCILLATOR CIRCUIT BOARD LAYOUT METHOD AND WIRING METHOD
(JA) 水晶発振回路の基板レイアウト方法及び配線方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a crystal oscillator circuit board layout method and a wiring method that can optimize a path of a current flowing through a capacitor that constitutes a crystal oscillator circuit and further reduce electromagnetic noise.

SOLUTION: In the layout of mounting of each component constituting a crystal oscillation circuit 1 on a substrate, two resistors 103 and 104 are arranged in parallel with two capacitors 105 and 106 such that the area of a wiring feedback path from the output terminal of an inverter 102 to the input terminal is minimized, and the terminals for connecting the two capacitors 105 and 106 to the ground are arranged close to each other. In a capacitor current feedback path where a minute current change occurs with respect to the ground, minute currents flowing through the two capacitors flow in opposite directions, such that a common ground terminal portion 110 can cancel the current.

SELECTED DRAWING: Figure 2

COPYRIGHT: (C)2020,JPO&INPIT

(JA)

【課題】水晶発振回路を構成するコンデンサに流れる電流の経路の最適化を図り、電磁ノイズの更なる低減が図れる水晶発振回路の基板レイアウト方法及び配線方法を提供する。
【解決手段】水晶発振回路1を構成する各部品の基板への実装のレイアウトは、インバータ102の出力端子から入力端子への配線帰還経路の面積が最小となるように、2つの抵抗103,104を2つのコンデンサ105,106と並列に配置し、2つのコンデンサ105,106それぞれのグランドへの接続を行う端子同士を近接配置する。グランドに対して微少電流変化の発生するコンデンサ電流帰還経路において、2つのコンデンサを流れる微少電流が互いに逆方向に流れるので、共通グランド端子部110で電流をキャンセルできる。
【選択図】図2

他の公開