処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020098894 - アルミニウム電解コンデンサ用セパレータ及びアルミニウム電解コンデンサ

官庁 日本
出願番号 2018237456
出願日 19.12.2018
公開番号 2020098894
公開日 25.06.2020
公報種別 A
IPC
H01G 9/02
H電気
01基本的電気素子
Gコンデンサ;電解型のコンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置また感温装置
9電解型コンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置または感温装置;その製造方法
004細部
02隔膜;セパレータ
CPC
H01G 9/02
HELECTRICITY
01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
GCAPACITORS; CAPACITORS, RECTIFIERS, DETECTORS, SWITCHING DEVICES OR LIGHT-SENSITIVE DEVICES, OF THE ELECTROLYTIC TYPE
9Electrolytic capacitors, rectifiers, detectors, switching devices, light-sensitive or temperature-sensitive devices; Processes of their manufacture
004Details
02Diaphragms; Separators
出願人 ニッポン高度紙工業株式会社
発明者 竹内 章祥
熊岡 弘倫
清水 大
森川 愛
代理人 丸山 幸雄
発明の名称
(JA) アルミニウム電解コンデンサ用セパレータ及びアルミニウム電解コンデンサ
要約
(JA)

【課題】
本発明は、耐衝撃性が高く、過電圧印加時やエージング時の耐ショート性が高いアルミニウム電解コンデンサ用セパレータ及び該セパレータを用いたアルミニウム電解コンデンサを提供することを目的とする。
【解決手段】
陽極と陰極との間に介在させるアルミニウム電解コンデンサ用セパレータであって、セルロース繊維と、エチレングリコール不溶化率が90%以上のポリビニルアルコール含有量0.1〜10.0g/m2とからなるアルミニウム電解コンデンサ用セパレータとし、例えば、密度0.7〜1.0g/cm3のセルロース繊維層に、エチレングリコール不溶化率が90%以上のポリビニルアルコール層が積層してなる、或は、密度0.2〜0.6g/cm3のセルロース繊維層のセルロース繊維交絡点に前記エチレングリコール不溶化率が90%以上のポリビニルアルコールが付着した構成とする。
【選択図】 なし

他の公開