処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020094317 - 繊維用防水処理製品及び繊維製物品の表面処理方法

官庁 日本
出願番号 2019158438
出願日 30.08.2019
公開番号 2020094317
公開日 18.06.2020
公報種別 A
IPC
D06B 1/02
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
B繊維材料の液体,気体または蒸気による処理
1処理,例.洗浄,染色,漂白,のり付け,含浸,をなすための液体,気体または蒸気の繊維材料への付与
02噴霧または放射によるもの
B05D 1/02
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
1液体または他の流動性材料を適用する方法
02噴霧によって行なわれるもの
B05D 5/00
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
5特別の表面効果,表面仕上げまたは表面構造を得るために液体または他の流動性材料を表面に適用する方法
B05D 7/00
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
D06B 5/00
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
B繊維材料の液体,気体または蒸気による処理
5処理,例.洗浄,染色,漂白,のり付け,含浸,をなすための繊維材料への液体,気体または蒸気の強制貫流
D06M 15/643
D繊維;紙
06繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
15繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の高分子化合物による処理;機械的処理と組み合わせられたこのような処理
19合成高分子化合物によるもの
37炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
643主鎖にけい素を含有するもの
出願人 花王株式会社
発明者 阿部 祐樹
松原 繁宏
杉山 和啓
代理人 特許業務法人翔和国際特許事務所
優先権情報 2018230135 07.12.2018 JP
発明の名称
(JA) 繊維用防水処理製品及び繊維製物品の表面処理方法
要約
(JA)

【課題】下穿き等の衣料をそのまま使用しながら、衣料自体の吸水性を損ねることなく、身体から排泄された体液が衣料から染み出してしまうことを防止し得る繊維用防水処理製品を提供すること。
【解決手段】本発明の繊維用防水処理製品1は、揮発性溶媒に溶解した所定の溶解度のポリマーを含む防水処理剤2と、防水処理剤2を充填したスプレー式吐出容器3とを備える。スプレー式吐出容器3によって繊維製物品に防水処理剤2を噴霧したときに、スプレー式吐出容器3からの距離が10cmの位置における、スプレーされた防水処理剤2の下記方法により求められる液滴21の速度が400cm/秒以下である。液滴21の速度は、スプレー式吐出容器3との距離が5cmの位置から10cmの位置までの距離である5cmを、スプレー式吐出容器3との距離が5cmの位置から10cmの位置までの液滴21の移動時間(秒)で除して求められる。
【選択図】図1

他の公開