処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020091964 - コネクタ

官庁 日本
出願番号 2018227021
出願日 04.12.2018
公開番号 2020091964
公開日 11.06.2020
公報種別 A
IPC
H01R 13/52
H電気
01基本的電気素子
R導電接続;互いに絶縁された多数の電気接続要素の構造的な集合体;嵌合装置;集電装置
13グループH01R12/70またはH01R24/00~H01R33/00に分類される種類の嵌合装置の細部
46基台;ケース
52防塵,防まつ,防滴,防水または防火のケース
出願人 株式会社オートネットワーク技術研究所
住友電装株式会社
住友電気工業株式会社
発明者 小林 大樹
川瀬 治
田端 正明
大森 康雄
原 照雄
松井 元
代理人 特許業務法人グランダム特許事務所
発明の名称
(JA) コネクタ
要約
(JA)

【課題】シール孔の損傷を防止する。
【解決手段】コネクタは、電線39の前端部に接続可能な端子金具30と、ハウジング10と、ハウジング10内に形成され、ハウジング10の前方から端子金具30が挿入されることを許容する収容室15と、ハウジング10の後端部に取り付けられ、シール孔41を有する一括ゴム栓40とを備え、収容室15とシール孔41には、端子金具30が接続されていない状態の電線39が貫通可能である。ハウジング10の前方で電線39に端子金具30を接続し、電線39を後方へ引っ張れば、端子金具30が収容室15内に収容される。シール孔41に端子金具30を貫通させる必要がないので、シール孔41の損傷を防止できる。
【選択図】図3

他の公開