処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020083287 - 制動制御装置

官庁 日本
出願番号 2018226118
出願日 30.11.2018
公開番号 2020083287
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
B60T 8/17
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
8車両の状態または路面状況の変化に適合するための車輪制動力の調整装置,例.制動力の配分を制限または変更するための装置
17ブレーキを制御するために電気調整手段または電子調整手段を用いるもの
B60T 13/74
B処理操作;運輸
60車両一般
T車両用制動制御方式またはそれらの部品;制動制御方式またはそれらの部品一般;車両への制動要素の構成一般;車両が不意に動くのを阻止するためのもち運びできる装置;制動装置の冷却を助長するための車両の改造
13補助動力または駆動動力を用いて初動装置から最終制動作動器への制動動作の伝達;そのような伝達装置が組み込まれた制動方式,例.空気圧制動方式
74電気的補助力または駆動力をもつもの
H02P 5/60
H電気
02電力の発電,変換,配電
P電動機,発電機,回転変換機の制御または調整;変圧器,リアクトルまたはチョークコイルの制御
52以上の電動機の速度またはトルクの調整または制御に特に適した装置
60直流および交流電動機の組合せを制御するもの
出願人 株式会社アドヴィックス
発明者 半澤 雅敏
代理人 特許業務法人酒井国際特許事務所
発明の名称
(JA) 制動制御装置
要約
(JA)

【課題】EPBによる制動の実行時に作動音による違和感や不快感を低減する。
【解決手段】本発明は、左車輪側に設けられた左モータを駆動することによって左車輪に電動制動力を発生させ、右車輪側に設けられた右モータを駆動することによって右車輪に電動制動力を発生させる電動ブレーキ装置を備える車両に適用される制動制御装置である。電動ブレーキ制御部は、電動ブレーキ装置に対する駆動要求があった場合、停車保持に必要な目標制動力を算出するとともに、目標制動力を発生させるための左モータに対する目標電流値である左目標電流値と右モータに対する目標電流値である右目標電流値とを算出し、左モータと右モータを駆動して、左モータの実電流値が左目標電流値以上に到達したことと、右モータの実電流値が右目標電流値以上に到達したこととの一方が成立したときに、左モータと右モータの両方を同時に停止させる停止制御を実行する。
【選択図】図3

他の公開