処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020087216 - アプリケーション動作制御装置、アプリケーション動作制御方法、および、アプリケーション動作制御プログラム

官庁 日本
出願番号 2018224106
出願日 29.11.2018
公開番号 2020087216
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
G06F 21/51
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
21不正行為から計算機,その部品,プログラムまたはデータを保護するためのセキュリティ装置
50プラットフォーム,(例.プロセッサ,ファームウェアまたはOS)の完全性を維持するために、ユーザー,プログラムまたはデバイスを監視するもの
51アプリケーションのロード時,完全性またはソースの信頼性に基づいて、実行可能なソフトウェアを,例えば受理し,拒絶し,開始しまたは抑止するもの
G06F 12/00
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
12メモリシステムまたはアーキテクチャ内でのアクセシング,アドレシングまたはアロケーティング
出願人 日本電信電話株式会社
発明者 木下 和巳
中津留 毅
代理人 特許業務法人酒井国際特許事務所
発明の名称
(JA) アプリケーション動作制御装置、アプリケーション動作制御方法、および、アプリケーション動作制御プログラム
要約
(JA)

【課題】アプリケーション(AP)の関連ファイルに起因する異常動作を防止する。
【解決手段】AP動作制御装置は、APごとに当該APの完全性を判定する際に完全性を確認すべきファイルである関連ファイルを示す関連ファイル情報と、APごとに当該APの完全性が損なわれた場合に影響を受ける可能性のあるAPである関連APを示す関連AP情報とを記憶する記憶部を備える。また、AP動作制御装置は、APの関連ファイルの完全性を判定するファイル完全性判定部と、APの関連ファイルのうち、いずれかの関連ファイルの完全性が損なわれている判定された場合、動作制御の対象のAPとして、関連ファイル情報から、完全性が損なわれていると判定された関連ファイルに対応付けられているAPを抽出し、関連AP情報から、当該APに対応付けられている関連APを抽出する制御対象抽出部とを備える。
【選択図】図1

他の公開