処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020081989 - アクチュエータ及び触感呈示装置

官庁 日本
出願番号 2018222017
出願日 28.11.2018
公開番号 2020081989
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
B06B 1/06
B処理操作;運輸
06機械的振動の発生または伝達一般
B機械的振動の発生または伝達一般
1振動数が亜音波,音波,超音波級の機械的振動を発生させる方法または装置
02電気的エネルギーを利用するもの
06圧電効果,電気ひずみを利用するもの
B06B 1/04
B処理操作;運輸
06機械的振動の発生または伝達一般
B機械的振動の発生または伝達一般
1振動数が亜音波,音波,超音波級の機械的振動を発生させる方法または装置
02電気的エネルギーを利用するもの
04電磁気を利用するもの
出願人 京セラ株式会社
発明者 服部 成人
代理人 杉村 憲司
杉村 光嗣
河合 隆慶
発明の名称
(JA) アクチュエータ及び触感呈示装置
要約
(JA)

【課題】良好な振動を効率良く発生させるアクチュエータ及び触感呈示装置を提供する。
【解決手段】アクチュエータは、圧電素子と、振動板とを備えている。圧電素子は接合面を有する。振動板は、圧電素子の接合面が接合され、圧電素子の変形又は変位に応じて振動する。圧電素子の接合面の中心は、振動板において伝達部が配置される領域内の位置になるように接合される。
【選択図】図3

他の公開