処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020086125 - 偏光板のセット

官庁 日本
出願番号 2018220450
出願日 26.11.2018
公開番号 2020086125
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
G02F 1/1335
G物理学
02光学
F光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333構造配置
1335セルと光学部材,例.偏光子または反射鏡,との構造的組合せ
G02B 5/30
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
5レンズ以外の光学要素
30偏光要素
出願人 日東電工株式会社
発明者 新地 真規子
代理人 籾井 孝文
上川 智子
発明の名称
(JA) 偏光板のセット
要約
(JA)

【課題】液晶パネルの高温高湿環境下における反りが抑制された偏光板のセットを提供する。
【解決手段】偏光板のセットは、液晶セル10の一方の面に配置される厚みが200μm以上300μm以下である第1の偏光板21と、液晶セル10の他方の面に配置される厚みが150μm以下の第2の偏光板22と、からなる。第1の偏光板21が厚み100μm以上の位相差層32と、位相差層32の一方の面に配置された厚み10μm以下の偏光子31と、位相差層32の他方の面に配置された粘着剤層33とを有する。第1の偏光板21が粘着剤層33を介して液晶セル10に積層されている。
【選択図】図1

他の公開