処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020083702 - 水素発生装置

官庁 日本
出願番号 2018220219
出願日 26.11.2018
公開番号 2020083702
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
C01B 3/08
C化学;冶金
01無機化学
B非金属元素;その化合物
3水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02水素または水素含有混合ガスの製造
06エレクトロポジティブに結合した水素を含有する無機化合物,例.水,酸,塩基,アンモニア,と無機還元剤との反応によるもの
08金属によるもの
出願人 日本電信電話株式会社
発明者 竹内 陽祐
津田 昌幸
小野 陽子
上庄 拓哉
代理人 三好 秀和
工藤 理恵
発明の名称
(JA) 水素発生装置
要約
(JA)

【課題】安価な材料を用いて水素発生可能な水素発生装置を提供する。
【解決手段】水素発生装置1は、外部から溶液Sを流入して流出する水流経路部11と、流入する溶液Sとの反応により水素Hを発生させる金属Mから成る水素発生部12と、発生させた水素Hを回収するための水素回収部13と、を備え、水素発生部12は、流入する溶液Sとの摩擦により自体である金属Mの表面被膜を剥離して活性面を露出させるように配置される。
【選択図】図1

他の公開