処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020088543 - 放音装置

官庁 日本
出願番号 2018218650
出願日 21.11.2018
公開番号 2020088543
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
H04R 1/34
H電気
04電気通信技術
Rスピーカ,マイクロホン,蓄音機ピックアップまたは類似の音響電気機械変換器;補聴器;パブリックアドレスシステム
1変換器の細部
20所望の周波数あるいは指向特性を得るための装置
32所望の指向特性のみを得るためのもの
34反射,回折,指向または誘導手段をもつ単一変換器の使用によるもの
CPC
H04R 1/02
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
1Details of transducers, ; loudspeakers or microphones
02Casings; Cabinets ; ; Supports therefor;; Mountings therein
H04R 1/34
HELECTRICITY
04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
RLOUDSPEAKERS, MICROPHONES, GRAMOPHONE PICK-UPS OR LIKE ACOUSTIC ELECTROMECHANICAL TRANSDUCERS; DEAF-AID SETS; PUBLIC ADDRESS SYSTEMS
1Details of transducers, ; loudspeakers or microphones
20Arrangements for obtaining desired frequency or directional characteristics
32for obtaining desired directional characteristic only
34by using a single transducer with sound reflecting, diffracting, directing or guiding means
出願人 日本電信電話株式会社
発明者 矢澤 櫻子
小林 和則
齊藤 翔一郎
代理人 三好 秀和
工藤 理恵
発明の名称
(JA) 放音装置
要約
(JA)

【課題】信号処理を行うことなく、設置が容易で指向性を有する音の出力を可能とする放音装置を提供する。
【解決手段】車両に設置される車載用の放音装置10であって、スピーカ1と、前記スピーカ1に対向する位置に配置された反射部2と、備え、前記反射部2は、前記スピーカ1から出力される音を反射し、所望の方向へ指向させる。
【選択図】図1A

他の公開