処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2020084495 - 固定具

官庁 日本
出願番号 2018217749
出願日 20.11.2018
公開番号 2020084495
公開日 04.06.2020
公報種別 A
IPC
E04C 5/18
E固定構造物
04建築物
C構造要素;建築材料
5補強要素,例.コンクリートのためのもの;そのための補助要素
16補強のための補助部材,例.結束材,スペーサ,あばら筋
18金属製のものまたは実質的に金属製のもの
出願人 ライズバレー株式会社
発明者 米澤 一
代理人 原 信海
発明の名称
(JA) 固定具
要約
(JA)

【課題】 作業員に重労働を強いることなく、未熟な作業員であっても複数の格子状体を短時間で確実に施工することができる固定具を提供する。
【解決手段】 第1フレーム部材11,11の基底部11b,11bの長手方向の略中央位置には結合手段14を構成する一対の第3フレーム部材13,13が設けてある。第3フレーム部材13は、基部13aを前記第1フレーム部材11の基底部11b上に立設してある。基部13aのU字の両腕部の一方は、結合手段14を構成する保持部13bになっており、該保持部13bの端部は、基部13aの内側へ屈曲させて、他の溶接金網の縦条材又は横条材の周面に係合する機能と、他の溶接金網の縦条材又は横条材が結合手段14から抜出することを防止する機能とを有する結合用屈曲部13cになしてある。
【選択図】 図1

他の公開