処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JPWO2020250439 - 回転数検出器

官庁
日本
出願番号 2019560414
出願日 14.06.2019
公開番号 WO2020250439
公開日 16.01.2020
特許番号 6647478
特許付与日 16.01.2020
公報種別 B1
IPC
G01D 5/245
G物理学
01測定;試験
D特に特定の変量に適用されない測定;単一のほかのサブクラスに包含されない2つ以上の変量を測定する装置;料金計量装置;特に特定の変量に適用されない伝達または変換装置;他に分類されない測定または試験
5感知要素の出力を伝達するための機械的手段;感知素子の型式や特性が変換手段を束縛しない場合に,感知要素の出力を別の変量に変換する手段;特に特定の変量に適用されない変換器
12電気的または磁気的手段を使用するもの
244パルスまたはパルス列の特性に作用するもの;パルスまたはパルス列を発生するもの
245パルス列におけるパルスの変化数を利用するもの
CPC
G01D 5/245
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
DMEASURING NOT SPECIALLY ADAPTED FOR A SPECIFIC VARIABLE; ARRANGEMENTS FOR MEASURING TWO OR MORE VARIABLES NOT COVERED IN A SINGLE OTHER SUBCLASS; TARIFF METERING APPARATUS; MEASURING OR TESTING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
5Mechanical means for transferring the output of a sensing member; Means for converting the output of a sensing member to another variable where the form or nature of the sensing member does not constrain the means for converting; Transducers not specially adapted for a specific variable
12using electric or magnetic means
244influencing characteristics of pulses or pulse trains; generating pulses or pulse trains
245using a variable number of pulses in a train
出願人 三菱電機株式会社
発明者 鳥居 久範
武舎 武史
野口 琢也
大熊 雅史
代理人 高村 順
発明の名称
(JA) 回転数検出器
要約
(JA)

回転数検出器(1)は、回転軸(9)を中心に回転する回転体であるシャフト(4)に取り付けられる磁石(2)と、磁石(2)の回転による磁界の変化にしたがって誘起電圧を発生する発電素子(3)とを有し、誘起電圧を基に回転体の回転数を検出する。発電素子(3)は、磁性ワイヤ(6)と、磁性ワイヤ(6)のうち磁性ワイヤ(6)の両端部である第1端部および第2端部の間に巻回されたコイル(7)と、軟磁性体であって第1端部および第2端部の各々に設けられている筒体であるフェライトビーズ(8)と、を有する。磁石(2)は、磁石(2)の回転方向に並べられた複数の磁極を有する。複数の磁極の各々は、磁力の強さが互いに異なる第1の領域と第2の領域とを有する。


Related patent documents