処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JPWO2018207780 - カーボンナノチューブ膜、テラヘルツ波検出装置およびカーボンナノチューブ膜のPN接合形成方法

官庁
日本
出願番号 2019517639
出願日 08.05.2018
公開番号 WO2018207780
公開日 15.11.2018
公報種別 A1
CPC
C01B 32/158
CCHEMISTRY; METALLURGY
01INORGANIC CHEMISTRY
BNON-METALLIC ELEMENTS; COMPOUNDS THEREOF; ; METALLOIDS OR COMPOUNDS THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASS C01C
32Carbon; Compounds thereof
15Nano-sized carbon materials
158Carbon nanotubes
C01B 32/159
CCHEMISTRY; METALLURGY
01INORGANIC CHEMISTRY
BNON-METALLIC ELEMENTS; COMPOUNDS THEREOF; ; METALLOIDS OR COMPOUNDS THEREOF NOT COVERED BY SUBCLASS C01C
32Carbon; Compounds thereof
15Nano-sized carbon materials
158Carbon nanotubes
159single-walled
G01J 1/02
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
JMEASUREMENT OF INTENSITY, VELOCITY, SPECTRAL CONTENT, POLARISATION, PHASE OR PULSE CHARACTERISTICS OF INFRA-RED, VISIBLE OR ULTRA-VIOLET LIGHT; COLORIMETRY; RADIATION PYROMETRY
1Photometry, e.g. photographic exposure meter
02Details
G01N 21/3581
GPHYSICS
01MEASURING; TESTING
NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
21Investigating or analysing materials by the use of optical means, i.e. using sub-millimetre waves, infrared, visible or ultraviolet light
17Systems in which incident light is modified in accordance with the properties of the material investigated
25Colour; Spectral properties, i.e. comparison of effect of material on the light at two or more different wavelengths or wavelength bands
31Investigating relative effect of material at wavelengths characteristic of specific elements or molecules, e.g. atomic absorption spectrometry
35using infra-red light
3581using far infra-red light; using Terahertz radiation
出願人 国立大学法人東京工業大学
日本ゼオン株式会社
発明者 河野 行雄
鈴木 大地
落合 雄輝
長宗 勉
代理人 特許業務法人磯野国際特許商標事務所
優先権情報 2017093445 09.05.2017 JP
発明の名称
(JA) カーボンナノチューブ膜、テラヘルツ波検出装置およびカーボンナノチューブ膜のPN接合形成方法
要約
(JA)

カーボンナノチューブのフェルミ準位を制御することができるカーボンナノチューブ膜、テラヘルツ波検出装置およびカーボンナノチューブ膜のPN接合形成方法を提供する。カーボンナノチューブ膜(10)は、膜内に、P型半導体領域(11)、N型半導体領域(12)、および、P型半導体領域(11)とN型半導体領域(12)とが接するPN接合部(13)を備える。N型半導体領域(12)を形成する部位は、カーボンナノチューブと、イオン液体(20)および/またはカチオンを内包したクラウンエーテル(30)との複合体により形成される。また、テラヘルツ波検出装置(100)は、カーボンナノチューブ膜(10)の2次元平面上に、PN接合部(13)を挟んで対向配置された第1電極(2)および第2電極(3)と、を備える。

他の公開