処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2019058809 - ゲーム装置

官庁
日本
出願番号 2019012043
出願日 28.01.2019
公開番号 2019058809
公開日 18.04.2019
特許番号 6942928
特許付与日 13.09.2021
公報種別 B2
IPC
A63F 9/00
A生活必需品
63スポーツ;ゲーム;娯楽
Fカードゲーム,盤上ゲーム,ルーレットゲーム;小遊技動体を用いる室内用ゲーム;ビデオゲーム;他に分類されないゲーム
9他に分類されないゲーム
出願人 KONAMI AMUSEMENT CO LTD
株式会社コナミアミューズメント
発明者 KAWAI NORIFUMI
川合 規文
GENNOSONO KENJI
現王園 健二
SASAKI KEN
佐々木 謙
YOSHINO TAKAHIRO
吉野 高広
TAKAHASHI ETSUSHI
高橋 悦史
SUGA SHINYA
菅 慎哉
YOSHIDA KENSAKU
吉田 健作
代理人 大林 章
高田 聖一
高橋 太朗
発明の名称
(EN) GAME DEVICE
(JA) ゲーム装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To keep amusement of a pusher game in which a game body is gradually moved to fall from a table, even in a case of using a game body rollable in an arbitrary direction.

SOLUTION: A game device comprises: a pusher part 40 reciprocating on the surface of a table 30; a charge part capable of charging a game body B rollable regardless of a posture, onto a first surface S1 being the top surface of the pusher part 40; and a suppression part which is provided at the pusher part 40 or/and the table 30 to suppress the travel of the game body B.

SELECTED DRAWING: Figure 3

COPYRIGHT: (C)2019,JPO&INPIT


(JA)

【課題】任意の方向に転動可能な遊技体を利用した構成でも、遊技体を徐々に移動させてテーブルから落下させるというプッシャーゲームの興趣性を維持する。
【解決手段】ゲーム装置は、テーブル30の面上で往復するプッシャー部40と、姿勢によらず転動可能な遊技体Bを、プッシャー部40の上面である第1面S1に投入可能な投入部と、プッシャー部40およびテーブル30の少なくとも一方に設けられ、遊技体Bの移動量を抑制する抑制部とを具備する。
【選択図】図3