処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2019052455 - 作業車両

官庁
日本
出願番号 2017176442
出願日 14.09.2017
公開番号 2019052455
公開日 04.04.2019
特許番号 6739413
特許付与日 27.07.2020
公報種別 B2
IPC
E02F 9/20
E固定構造物
02水工;基礎;土砂の移送
F掘削;土砂の移送
9グループE02F3/00~E02F7/00に属するものに限定されない掘削機または土砂移送機械の部品
20駆動体;制御装置
出願人 YANMAR CO LTD
ヤンマーパワーテクノロジー株式会社
発明者 SHIMADA YU
嶌田 優
IKESUE TAKASHI
池末 隆
代理人 桂川 直己
発明の名称
(EN) WORK VEHICLE
(JA) 作業車両
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To realize a console box with a compact constitution in a work vehicle.

SOLUTION: A console box 52 included in a revolving work vehicle comprises a box body 55 and a lock cam 79. The box body 55 can rotate between a first posture and a second posture flipped-up from the first posture. The lock cam 79 comprises a first plate 66 and a cam arm 81. A cam groove 88 is formed in the first plate 66. The cam arm 81 rotates integrally with a lock lever 56. A torsional coil spring 86 energizing a cam arm shaft 80 is disposed so as to connect the cam arm 81 with the first plate 66. The cam arm 81 reverses a rotating direction by the energizing force of the torsional coil spring 86 while a guide protrusion 83 inserted into the cam groove 88 moves along the cam groove 88. A coil portion of the torsional coil spring 86 is disposed at a nearer side to the lateral center of the box body 55 than the first plate 66.

SELECTED DRAWING: Figure 4

COPYRIGHT: (C)2019,JPO&INPIT


(JA)

【課題】作業車両において、コンパクトな構成のコンソールボックスを実現する。
【解決手段】旋回作業車が備えるコンソールボックス52は、ボックス本体55と、ロックカム79と、を備える。ボックス本体55は、第1姿勢及び前記第1姿勢から跳ね上げられた第2姿勢の間で回転可能である。ロックカム79は、第1板66と、カムアーム81と、を備える。第1板66には、カム溝88が形成される。カムアーム81は、ロックレバー56と一体的に回転する。カムアーム81と第1板66とを接続するように、カムアーム軸80を付勢する捩りコイルバネ86が配置される。カムアーム81は、カム溝88に差し込まれる案内突起83がカム溝88に沿って移動する途中で、捩りコイルバネ86の付勢力により回転する方向を反転させる。捩りコイルバネ86のコイル部分は、第1板66よりも、ボックス本体55の左右中央に近い側に配置されている。
【選択図】図4