処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JPWO2019049300 - 燃焼方法

官庁
日本
出願番号 2018500951
出願日 08.09.2017
公開番号 WO2019049300
公開日 11.05.2018
特許番号 6332578
特許付与日 11.05.2018
公報種別 B1
IPC
F23C 1/12
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
C流体燃料あるいは空気中に浮遊する固体燃料を用いる燃焼方法または装置
12またはそれ以上の種類の燃料を同時にまたは交互に燃焼することに特に適した燃焼装置であって,その燃料のうち少なくとも1種類は流体燃料あるいは空気中に浮遊する固体燃料であるもの
12気体および粉状燃料
F23C 5/08
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
C流体燃料あるいは空気中に浮遊する固体燃料を用いる燃焼方法または装置
5バーナの配置または据え付けに特徴がある燃焼装置
08バーナの配置
F23D 17/00
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
Dバーナ
17ガス状または液体または粉状の燃料を同時にあるいは交互に燃焼させるバーナ
F23K 5/00
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
23燃焼装置;燃焼方法
K燃焼装置への燃料の供給
5その他の燃料の燃焼装置への供給または分配
CPC
F23C 1/12
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
CMETHODS OR APPARATUS FOR COMBUSTION USING FLUID FUEL OR SOLID FUEL SUSPENDED IN  ; A CARRIER GAS OR; AIR 
1Combustion apparatus specially adapted for combustion of two or more kinds of fuel simultaneously or alternately, at least one kind of fuel being either a fluid fuel or a solid fuel suspended in ; a carrier gas or; air
12gaseous and pulverulent fuel
F23C 5/08
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
CMETHODS OR APPARATUS FOR COMBUSTION USING FLUID FUEL OR SOLID FUEL SUSPENDED IN  ; A CARRIER GAS OR; AIR 
5Disposition of burners with respect to the combustion chamber or to one another; Mounting of burners in combustion apparatus
08Disposition of burners
F23D 17/00
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
DBURNERS
17Burners for combustion conjointly or alternatively of gaseous or liquid or pulverulent fuel
F23K 5/00
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
23COMBUSTION APPARATUS; COMBUSTION PROCESSES
KFEEDING FUEL TO COMBUSTION APPARATUS
5Feeding or distributing other fuel to combustion apparatus
出願人 中国電力株式会社
発明者 谷川 博昭
和田 泰孝
大内 優
田中 輝夫
代理人 正林 真之
林 一好
発明の名称
(JA) 燃焼方法
要約
(JA)

窒素酸化物の発生や不完全燃焼を極力抑える燃焼方法を提供する。
本発明の燃焼方法は、微粉炭及びアンモニアをボイラ6において燃焼させて発電を行う火力発電設備1で実行される燃焼方法であって、ボイラ6での燃焼に用いられるアンモニアの微粉炭との混焼率が、0.8%以上である。


関連特許文献