処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JPWO2016203578 - 固定子コア及び永久磁石同期電動機

官庁
日本
出願番号 2017524208
出願日 17.06.2015
公開番号 WO2016203578
公開日 22.12.2016
特許番号 6391827
特許付与日 31.08.2018
公報種別 B2
IPC
H02K 1/14
H電気
02電力の発電,変換,配電
K発電機,電動機
1磁気回路の細部
06形,構成または構造を特徴とするもの
12磁気回路の静止部分
14突極付固定子鉄心
H02K 21/16
H電気
02電力の発電,変換,配電
K発電機,電動機
21永久磁石を有する同期電動機;永久磁石を有する同期発電機
12固定電機子および回転永久磁石をもつもの
14電機子内に永久磁石が回転するもの
16突極環状電機子鉄心をもつもの
CPC
H02K 1/146
HELECTRICITY
02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
1Details of the magnetic circuit
06characterised by the shape, form or construction
12Stationary parts of the magnetic circuit
14Stator cores with salient poles
146consisting of a generally annular yoke with salient poles
H02K 21/16
HELECTRICITY
02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
21Synchronous motors having permanent magnets; Synchronous generators having permanent magnets
12with stationary armatures and rotating magnets
14with magnets rotating within the armatures
16having annular armature cores with salient poles
H02K 2213/03
HELECTRICITY
02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
2213Specific aspects, not otherwise provided for and not covered by codes H02K2201/00 - H02K2211/00
03Machines characterised by numerical values, ranges, mathematical expressions or similar information
H02K 1/14
HELECTRICITY
02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
1Details of the magnetic circuit
06characterised by the shape, form or construction
12Stationary parts of the magnetic circuit
14Stator cores with salient poles
H02K 21/02
HELECTRICITY
02GENERATION; CONVERSION OR DISTRIBUTION OF ELECTRIC POWER
KDYNAMO-ELECTRIC MACHINES
21Synchronous motors having permanent magnets; Synchronous generators having permanent magnets
02Details
出願人 三菱電機株式会社
発明者 松岡 篤
代理人 高村 順
発明の名称
(JA) 固定子コア及び永久磁石同期電動機
要約
(JA)

10極12スロットの永久磁石同期電動機(100)であって、複数のティースを備え、同相のコイル(6U1,6U2)が隣り合って巻かれる隣接した2つのティースの内、回転子2の回転方向の手前側に配置された第1のティース(1bU1)は、巻線部(1b1)の回転方向幅が、回転子2の回転方向の奥側に配置された第2のティース(1bU2)の巻線部(1b1)の回転方向幅よりも狭く形成されている。この構成により、第1のティース(1bU1)の巻線部(1b1)における鉄損の増加を抑えながら第1のティース(1bU1)に巻かれるコイル(6U1)の周長を短くすることができる。