処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2016220673 - 普通型コンバイン

官庁
日本
出願番号 2016043727
出願日 07.03.2016
公開番号 2016220673
公開日 28.12.2016
特許番号 6639961
特許付与日 07.01.2020
公報種別 B2
IPC
A01D 61/00
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
D収穫;草刈り
61結束機またはコンバインの揚上装置またはコンベヤ
出願人 KUBOTA CORP
株式会社クボタ
発明者 ARIMOTO TAKASHI
有本 敬
TAN CHIA YUAN
タン チア ユアン
MORIWAKI TAKAFUMI
森脇 崇文
OTANI DAIKI
大谷 大樹
KUMAGAI MASAYUKI
熊谷 雅行
KOYANAGI TAIGA
小▲柳▼ 大河
KATAYAMA YASUHIKO
片山 靖彦
代理人 特許業務法人R&C
優先権情報 2015110419 29.05.2015 JP
発明の名称
(EN) ORDINARY TYPE COMBINE
(JA) 普通型コンバイン
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To enable efficient attachment and detachment of a winding prevention cover.

SOLUTION: In a feeder case 42 of a feeder for transporting reaped grain culms which are reaped by a reaper at a front part of a machine body to the backside of the machine body, there are provided a pair of downstream-side stretching wheel bodies 46 which are arranged at a downstream-side revolving shaft 44 in an axial core direction with an interval and an upstream-side stretching wheel body 47 arranged at an upstream-side revolving shaft 45. Wound over the pair of downstream-side stretching wheel bodies 46 and the upstream-side stretching wheel body 47, a pair of endless turning bodies 48 is arranged in the axial core direction with an interval. Between the pair of downstream-side stretching wheel bodies 46, there is arranged a cylindrical winding prevention cover 68 externally fit to the downstream-side revolving shaft 44. The winding prevention cover 68 is constituted of a plurality of divided cover bodies circumferentially divided.

SELECTED DRAWING: Figure 3

COPYRIGHT: (C)2017,JPO&INPIT


(JA)

【課題】巻付き防止カバーの取り付けや取り外しを能率よく行えるようにすることが望まれていた。
【解決手段】機体前部の刈取部にて刈取られた刈取穀稈を機体後方に向けて搬送するフィーダのフィーダケース42の内部に、下手側回転軸44の軸芯方向に間隔をあけて備えられた一対の下手側張設用輪体46と上手側回転軸45に備えられた上手側張設用輪体47とにわたって巻回されるとともに軸芯方向に間隔をあけて一対の無端回動体48が備えられ、一対の下手側張設用輪体46同士の間において下手側回転軸44に外挿される筒状の巻付き防止カバー68とが備えられ、巻付き防止カバー68が、周方向に分割された複数の分割カバー体にて構成されている。
【選択図】図3