処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2016224625 - 演算装置

官庁
日本
出願番号 2015108999
出願日 28.05.2015
公開番号 2016224625
公開日 28.12.2016
公報種別 A
IPC
G06F 17/14
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
17特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法
10複合した数学演算
14フーリエ,ウオルシュまたは類似の領域変換
CPC
G06F 17/14
GPHYSICS
06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
17Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific functions
10Complex mathematical operations
14Fourier, Walsh or analogous domain transformations ; , e.g. Laplace, Hilbert, Karhunen-Loeve, transforms
出願人 AZBIL CORP
アズビル株式会社
発明者 SASAKI HIROSHI
佐々木 宏
代理人 稲葉 良幸
大貫 敏史
江口 昭彦
内藤 和彦
発明の名称
(EN) ARITHMETIC DEVICE
(JA) 演算装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an arithmetic device with which it is possible to perform at least one of Fourier transform and inverse Fourier transform more efficiently.

SOLUTION: An arithmetic device 100 comprises: a synthesis unit 110 for synthesizing a first real signal x and a second real signal y that are real number discrete signals, each including the number of samples N (N is a positive integer) into a synthesized complex signal w in which the first real signal x constitutes a real part and the second real signal y constitutes an imaginary part; a Fourier transform unit 120 for Fourier-transforming the synthesized complex signal w; and a separation unit 130 for separating a spectrum W that is an output of the Fourier transform unit into a first spectrum X in which the first real signal x is Fourier-transformed and a second spectrum Y in which the second real signal y is Fourier-transformed.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2017,JPO&INPIT


(JA)

【課題】フーリエ変換および逆フーリエ変換の少なくとも一方をより効率的に行うことのできる演算装置を提供する。
【解決手段】演算装置100は、それぞれ標本数N(Nは正の整数)を含む実数離散信号である第1実信号xおよび第2実信号yに対し、第1実信号xを実部とし、第2実信号yを虚部とする合成複素信号wに合成する合成部110と、合成複素信号wをフーリエ変換するフーリエ変換部120と、フーリエ変換部の出力であるスペクトルWを、第1実信号xをフーリエ変換した第1スペクトルXと、第2実信号yをフーリエ変換した第2スペクトルYとに分離する分離部130と、を備える。
【選択図】図1


関連特許文献