処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2016035836 - 自己融着性絶縁電線及びコイル用電線

官庁 日本
出願番号 2014158213
出願日 01.08.2014
公開番号 2016035836
公開日 17.03.2016
特許番号 6059690
特許付与日 16.12.2016
公報種別 B2
IPC
H01B 7/02
H電気
01基本的電気素子
Bケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
02絶縁体の配置
H01F 5/06
H電気
01基本的電気素子
F磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
5コイル
06巻線の絶縁
出願人 SUMITOMO ELECTRIC IND LTD
住友電気工業株式会社
SUMITOMO ELECTRIC WINTEC INC
住友電工ウインテック株式会社
発明者 SAITO HIDEAKI
齋藤 秀明
MAEDA SHUHEI
前田 修平
SUGAWARA JUN
菅原 潤
YOSHIDA KENGO
吉田 健吾
TAMURA YASUSHI
田村 康
YAMAUCHI MASAAKI
山内 雅晃
代理人 天野 一規
池田 義典
小川 博生
石田 耕治
各務 幸樹
根木 義明
藤中 賢一
発明の名称
(EN) SELF-FUSION INSULATED WIRE AND WIRE FOR COIL
(JA) 自己融着性絶縁電線及びコイル用電線
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a self-fusion insulated wire that facilitates fastening between wires and prevents dust emission.

SOLUTION: A self-fusion insulated wire comprises a linear metal conductor, an insulating layer put on the peripheral surface side of the metal conductor, an expansion layer that is put on the peripheral surface side of the insulating layer and expands by heating, and a thermal fusion layer put on the peripheral surface side of the expansion layer. The expansion layer preferably comprises a matrix predominantly composed of synthetic resin, and chemical foaming agents or thermally expandable microcapsules dispersed in the matrix. It is preferable that an average thickness expansion rate of the expansion layer after heating is 1.1 times or more and 5 times or less. It is preferable that a porosity of the expansion layer after heating is 10% or more and 80% or less. It is preferable that an average thickness of the expansion layer is 5 μm or more and 200 μm or less.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2016,JPO&INPIT

(JA)

【課題】本発明は、電線間を固着しやすく、発塵し難い自己融着性絶縁電線を提供することを課題とする。
【解決手段】本発明の一態様に係る自己融着性絶縁電線は、線状の金属導体と、この金属導体の外周面側に積層される絶縁層と、この絶縁層の外周面側に積層され、加熱により膨張する膨張層と、この膨張層の外周面側に積層される熱融着層とを備える。上記膨張層が、合成樹脂を主成分とするマトリックスと、このマトリックス中に分散する化学発泡剤又は熱膨張性マイクロカプセルとを有するとよい。上記膨張層の加熱後の平均厚さ膨張率としては、1.1倍以上5倍以下が好ましい。上記膨張層の加熱後の空隙率としては、10%以上80%以下が好ましい。上記熱融着層の平均厚さとしては、5μm以上200μm以下が好ましい。
【選択図】図1