処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2014167347 - 摩擦伝動ベルト

官庁
日本
出願番号 2014000456
出願日 06.01.2014
公開番号 2014167347
公開日 11.09.2014
特許番号 5997712
特許付与日 02.09.2016
公報種別 B2
IPC
F16G 5/06
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
G主として伝動用に使用されるベルト,ケーブルまたはロープ;チェーン;主としてそのために使用される付属品
5Vベルト,すなわちテーパ断面を有するベルト
04ゴム製
06ゴムで結合された補強を有するもの
C08K 7/02
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
7形状に特徴を有する配合成分の使用
02繊維またはウィスカ
C08L 21/00
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
21特定化されていないゴムの組成物
C08L 71/02
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
71主鎖にエーテル結合を形成する反応によって得られるポリエーテルの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02ポリアルキレンオキシド
F16G 1/00
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
G主として伝動用に使用されるベルト,ケーブルまたはロープ;チェーン;主としてそのために使用される付属品
1伝動用ベルト
F16G 1/08
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
G主として伝動用に使用されるベルト,ケーブルまたはロープ;チェーン;主としてそのために使用される付属品
1伝動用ベルト
06ゴム製
08ゴムで結合された補強を有するもの
CPC
C08K 7/02
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
7Use of ingredients characterised by shape
02Fibres or whiskers
C08K 2201/004
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
2201Specific properties of additives
002Physical properties
004Additives being defined by their length
C08K 2201/014
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
KUse of inorganic or non-macromolecular organic substances as compounding ingredients
2201Specific properties of additives
014Additives containing two or more different additives of the same subgroup in C08K
F16G 5/06
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
GBELTS, CABLES, OR ROPES, PREDOMINANTLY USED FOR DRIVING PURPOSES; CHAINS; FITTINGS PREDOMINANTLY USED THEREFOR
5V-belts, i.e. belts of tapered cross-section
04made of rubber
06with reinforcement bonded by the rubber
F16G 5/20
FMECHANICAL ENGINEERING; LIGHTING; HEATING; WEAPONS; BLASTING
16ENGINEERING ELEMENTS AND UNITS; GENERAL MEASURES FOR PRODUCING AND MAINTAINING EFFECTIVE FUNCTIONING OF MACHINES OR INSTALLATIONS; THERMAL INSULATION IN GENERAL
GBELTS, CABLES, OR ROPES, PREDOMINANTLY USED FOR DRIVING PURPOSES; CHAINS; FITTINGS PREDOMINANTLY USED THEREFOR
5V-belts, i.e. belts of tapered cross-section
20with a contact surface of special shape, e.g. toothed
C08L 7/00
CCHEMISTRY; METALLURGY
08ORGANIC MACROMOLECULAR COMPOUNDS; THEIR PREPARATION OR CHEMICAL WORKING-UP; COMPOSITIONS BASED THEREON
LCOMPOSITIONS OF MACROMOLECULAR COMPOUNDS
7Compositions of natural rubber
出願人 MITSUBOSHI BELTING LTD
三ツ星ベルト株式会社
発明者 ISHIGURO HISATO
石黒 久登
HINENO YORIFUMI
日根野 順文
TAMURA MASASHI
田村 昌史
IMAI HIROTAKA
今井 宏貴
代理人 鍬田 充生
阪中 浩
優先権情報 2013015169 30.01.2013 JP
発明の名称
(EN) FRICTION TRANSMISSION BELT
(JA) 摩擦伝動ベルト
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a friction transmission belt compatibly satisfying both properties of quietness and fuel efficiency.

SOLUTION: A friction transmission belt includes: a stretchable layer 6 that forms a back surface of a belt; a compression layer 2 that is formed on one surface of the stretchable layer and has a transmission surface contactable with a pulley; and a core wire 1 buried along the longitudinal direction of the belt between the stretchable layer and the compression layer. At least the compression layer 2 is formed of a rubber composition containing a polymer ingredient, short fiber, and surfactant. The short fiber includes at least short fiber of water-absorbing fiber.

COPYRIGHT: (C)2014,JPO&INPIT

(JA)

【課題】静粛性(静音性)及び省燃費性の双方の特性を両立できる摩擦伝動ベルトを提供する。
【解決手段】摩擦伝動ベルトは、ベルト背面を形成する伸張層6と、この伸張層の一方の面に形成され、かつプーリと接触可能な伝動面を有する圧縮層2と、前記伸張層と前記圧縮層との間にベルト長手方向に沿って埋設される心線1とを備えており、少なくとも前記圧縮層2が、ポリマー成分、短繊維及び界面活性剤を含有するゴム組成物で構成されており、前記短繊維が少なくとも吸水性繊維の短繊維を含んでいる。
【選択図】図1