処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2014198462 - 積層ポリエステルフィルム

官庁
日本
出願番号 2013268552
出願日 26.12.2013
公開番号 2014198462
公開日 23.10.2014
特許番号 6241269
特許付与日 17.11.2017
公報種別 B2
IPC
B32B 27/36
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
36ポリエステルからなるもの
B05D 7/04
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
02高分子の物質に適用するもの,例.ゴム
04薄膜またはシートの表面に適用するもの
B05D 7/24
B処理操作;運輸
05霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
C08G 65/333
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
65高分子の主鎖にエーテル連結基を形成する反応により得られる高分子化合物
02複素環の開環による環状エーテルからの
32化学的後処理により変性された重合体
329有機化合物による
333窒素を含むもの
C08K 5/29
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
16窒素含有化合物
29炭素-窒素二重結合を含有する化合物
C08K 5/3477
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5有機配合成分の使用
16窒素含有化合物
34異項原子として窒素を有する複素環式化合物
3467異項原子として3個以上の窒素を有するもの
34776員環
出願人 TORAY IND INC
東レ株式会社
発明者 YOKOTA SUNAO
横田 直
ABE HISASHI
阿部 悠
OTA KAZUYOSHI
太田 一善
SAWAMOTO KEIKO
澤本 恵子
TAKADA HAGUMU
高田 育
MATSUNAGA ATSUSHI
松永 篤
優先権情報 2013052896 15.03.2013 JP
発明の名称
(EN) LAMINATED POLYESTER FILM
(JA) 積層ポリエステルフィルム
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a laminated polyester film excellent in transparency, suppression of an iris-like pattern (interference fringes) or less visibility of the pattern when a hard coat layer is laminated, adhesiveness (moisture heat-resistant adhesiveness) with a hard coat layer under high temperature and high humidity conditions, adhesiveness (boiling-resistant adhesiveness) when immersed in hot water, and hot water-resistant transparency when immersed in hot water.

SOLUTION: The laminated polyester film has a resin layer (X) on at least one surface of a polyester film. The resin layer (X) is formed by using a resin composition (α) comprising a polyester resin (a) having a glass transition temperature Tg of 105°C or higher and 135°C or lower, a polyester resin (b) having a glass transition temperature Tg of 65°C or higher and 95°C or lower, a melamine compound (c), and a carbodiimide compound (d). A variation in film haze before and after a boiling treatment, ΔHz (ΔHz=(film haze after the boiling treatment)-(film haze before the boiling treatment)), is less than 5.0%.

COPYRIGHT: (C)2015,JPO&INPIT

(JA)

【課題】
透明性、ハードコート層を積層した際の虹彩状模様(干渉縞)の抑制(視認性)に優れ、かつ、ハードコート層との高温高湿下での密着性(耐湿熱接着性)、熱水へ浸漬した際の接着性(耐煮沸接着性)に優れ、さらには熱水へ浸漬した際の耐熱水透明性に優れる積層ポリエスフィルムに優れる積層ポリエステルフィルムを提供すること。
【解決手段】
ポリエステルフィルムの少なくとも片面に、樹脂層(X)を有する積層ポリエステルフィルムであって、前記樹脂層(X)が、ガラス転移温度Tgが105℃以上135℃以下のポリエステル樹脂(a)と、カラス転移温度Tgが65℃以上95℃以下のポリエステル樹脂(b)と、メラミン化合物(c)と、カルボジイミド化合物(d)を含む樹脂組成物(α)を用いて形成された層であり、煮沸処理前後のフィルムヘイズ変化量ΔHz(ΔHz=煮沸処理後のフィルムヘイズ−煮沸処理前のフィルムヘイズ)が5.0%未満であることを特徴とする積層ポリエステルフィルム。
【選択図】なし