処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2015120193 - 楕円形筒体の成形方法および楕円形筒体の成形装置

官庁 日本
出願番号 2013266927
出願日 25.12.2013
公開番号 2015120193
公開日 02.07.2015
特許番号 6254439
特許付与日 08.12.2017
公報種別 B2
IPC
B21D 41/04
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
41管端の径を変化させるための方法の応用
04減少させるもの;閉じるもの
B21D 22/14
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
22型打ち,へら絞り,または深しぼりによる切削しない成形
14へら絞り
B21D 53/84
B処理操作;運輸
21本質的には材料の除去が行なわれない機械的金属加工;金属の打抜き
D本質的には材料の除去が行われない金属板,金属管,金属棒または金属プロフィルの加工または処理;金属の押抜き
53他の特定物品の製造
84エンジンのための他の部品,例.コネクティングロッド
出願人 CALSONIC KANSEI CORP
カルソニックカンセイ株式会社
発明者 KAWASHIMA MASARU
川島 大
HIOKI SHINJI
日置 紳司
TOKITA SHITSUJI
鴇田 執二
代理人 三好 秀和
岩▲崎▼ 幸邦
高橋 俊一
伊藤 正和
高松 俊雄
発明の名称
(EN) METHOD FOR FORMING CYLINDRICAL BODY OF ELLIPTICAL SHAPE, AND DEVICE FOR FORMING CYLINDRICAL BODY OF ELLIPTICAL SHAPE
(JA) 楕円形筒体の成形方法および楕円形筒体の成形装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for forming a cylindrical body of an elliptical shape by which a product can be prevented from causing a failure.

SOLUTION: A method for forming a cylindrical body of an elliptical shape, which forms an end part of the cylindrical body 9 of the elliptical shape into a circular cylindrical shape, comprises: a first forming process in which the end part of the cylindrical body 9 of the elliptical shape is formed into a circular cylindrical shape by a spinning work using an inside roller 11 provided with a part 19 for smoothly bending a boundary 15 between the end part of the circular cylindrical body 9 and parts other than said end part; and a second forming process in which the part formed into the circular cylindrical shape in the first forming process is formed into a circular cylindrical shape of which a diameter is reduced by a spinning work using an outside roller 17.

COPYRIGHT: (C)2015,JPO&INPIT

(JA)

【課題】製品に不良が発生することを防止することができる楕円形筒体の成形方法を提供する。
【解決手段】楕円形筒体9の端部を円筒形に成形する楕円形筒体の成形方法において、楕円形筒体9の端部とこの端部以外の部位との境界15を滑らかに曲げるための部位19が形成されている内側ローラ11を用いたスピニング加工によって、楕円形筒体9の端部を円筒形に成形する第1の成形工程と、第1の成形工程によって円筒形にされた部位を、外側ローラ17を用いたスピニング加工によって縮径した円筒形に成形する第2の成形工程とを有する。
【選択図】図1