処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JPWO2013008564 - 電極用バインダー組成物

官庁 日本
出願番号 2012544991
出願日 01.06.2012
公開番号 WO2013008564
公開日 17.01.2013
特許番号 5163919
特許付与日 28.12.2012
公報種別 A1
IPC
H01M 4/62
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4電極
02活物質からなるまたは活物質を含有した電極
62固形活物質中の不活性材料成分の選択,例.結着剤,充填剤
H01G 9/058
H電気
01基本的電気素子
Gコンデンサ;電解型のコンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置また感温装置
9電解型コンデンサ,整流器,検波器,開閉装置,感光装置または感温装置;その製造方法
004細部
04電極
058特に二重層コンデンサに適合するもの
CPC
H01M 4/623
HELECTRICITY
01BASIC ELECTRIC ELEMENTS
MPROCESSES OR MEANS, e.g. BATTERIES, FOR THE DIRECT CONVERSION OF CHEMICAL ENERGY INTO ELECTRICAL ENERGY
4Electrodes
02Electrodes composed of or comprising active material
62Selection of inactive substances as ingredients for active masses, e.g. binders, fillers
621Binders
622being polymers
623fluorinated polymers
Y02E 60/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
60Enabling technologies; Technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
10Energy storage using batteries
出願人 JSR株式会社
発明者 大塚 巧治
北口 博紀
藤原 伸行
代理人 大島 正孝
勝又 秀夫
白石 泰三
優先権情報 2011155892 14.07.2011 JP
発明の名称
(JA) 電極用バインダー組成物
要約
(JA)

本発明は、重合体粒子と液状媒体とを含有する電極用バインダー組成物であって、前記重合体粒子のうちの少なくとも一部がフッ素原子を含有し、そして前記重合体粒子について動的光散乱法によって測定した粒径頻度分布が多峰性であることを特徴とする、前記電極用バインダー組成物に関する。
上記電極用バインダー組成物は、イオン導電性、耐酸化性(充放電特性)および密着性のすべてに優れる電極を与えるものである。
【選択図】図1

他の公開