処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 火曜日 27.07.2021 (12:00 午後 CEST)
設定

設定

出願の表示

1. JP2013169823 - 車体下部構造

官庁
日本
出願番号 2012033222
出願日 17.02.2012
公開番号 2013169823
公開日 02.09.2013
特許番号 5497814
特許付与日 14.03.2014
公報種別 B2
IPC
B62D 25/08
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
D自動車;付随車
25上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
08前部または後部の部材
B62D 25/04
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
D自動車;付随車
25上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
04戸柱
B62D 25/20
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
D自動車;付随車
25上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
20床または底部の構成体
出願人 HONDA MOTOR CO LTD
本田技研工業株式会社
発明者 FURUSAKI YUYA
古崎 雄也
YASUI TAKESHI
安井 健
代理人 磯野 道造
多田 悦夫
発明の名称
(EN) VEHICLE BODY LOWER STRUCTURE
(JA) 車体下部構造
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vehicle body lower structure capable of enhancing absorptivity performance for a collision load in a narrow off-set, to restrain a front pillar from going backward.

SOLUTION: A vehicle body lower structure 1b includes a dashboard lower 62 for partitioning a cabin R from a motive power mounting chamber MR, and for partitioning the cabin R from a wheel house WH, a front pillar 7 erected in a vehicle width-directional end part of the dashboard lower 62, and a gusset 30 laid between the dashboard lower 62 and the front pillar 7. In the gusset 30, one end side is joined to the dashboard lower 62, and is separated from the dashboard lower 62 along with getting near to the front pillar 7, and the other end side is joined to the front pillar 7, and is formed with a substantially triangle-shaped crushing space S in top view, in a portion surrounded by the dashboard lower 62, the front pillar 7 and the gusset 30.

COPYRIGHT: (C)2013,JPO&INPIT

(JA)

【課題】ナローオフセット時の衝突荷重の吸収性能を向上させてフロントピラの後退を抑制可能な車体下部構造を提供する。
【解決手段】車室Rと動力搭載室MRとを仕切るとともに車室RとホイールハウスWHとを仕切るダッシュボードロア62と、ダッシュボードロア62の車幅方向端部に立設されたフロントピラ7と、ダッシュボードロア62とフロントピラ7との間に架設されたガセット30と、を備える車体下部構造1bであって、ガセット30は、一端側がダッシュボードロア62に接合されるとともに、フロントピラ7に近づくにつれてダッシュボードロア62から離間し、他端側がフロントピラ7に接合され、ダッシュボードロア62とフロントピラ7とガセット30とに囲まれた部分に、平面視で略三角形状の潰し空間Sが形成される。
【選択図】図2