処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2013166435 - 車体下部構造

官庁
日本
出願番号 2012030110
出願日 15.02.2012
公開番号 2013166435
公開日 29.08.2013
特許番号 5846952
特許付与日 04.12.2015
公報種別 B2
IPC
B62D 25/20
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
D自動車;付随車
25上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
20床または底部の構成体
出願人 HONDA MOTOR CO LTD
本田技研工業株式会社
発明者 FURUSAKI YUYA
古崎 雄也
YASUI TAKESHI
安井 健
代理人 磯野 道造
多田 悦夫
発明の名称
(EN) VEHICLE BODY BOTTOM STRUCTURE
(JA) 車体下部構造
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To further improve collision load absorption performance in a narrow offset crash.

SOLUTION: A side sill 10 includes: a collapse space S provided in a front end 10c and absorbing a collision load at the time of a vehicle collision; and a bulkhead 26 disposed in the side sill 10 behind the collapse space S. A jack-up reinforcing plate 13 which is resistant to a load in a vertical vehicle direction and is vulnerable to a load in a longitudinal vehicle direction is provided in the collapse space S. A deformable member 24, which is located nearly as high as a center O of a front wheel T and has a hat-shaped vertical cross-section extending in the longitudinal vehicle direction, is integrally provided in the jack-up reinforcing plate 13.

COPYRIGHT: (C)2013,JPO&INPIT

(JA)

【課題】ナローオフセット衝突した際の衝突荷重の吸収性をより一層向上させること。
【解決手段】サイドシル10は、前端部10cに設けられ、車両が衝突した際に衝突荷重を吸収する潰し領域Sと、潰し領域Sの後方のサイドシル10内に配置されたバルクヘッド26とを備え、潰し領域Sには、車体上下方向の荷重に対して強く、車体前後方向の荷重に対して弱いジャッキアップ補強プレート13が設けられ、ジャッキアップ補強プレート13には、前輪Tの中心Oと略同一の高さに位置し、車体前後方向に延在する縦断面ハット形状からなる変形部材24が一体に設けられる。
【選択図】図4