処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2013163465 - 車両構造

官庁
日本
出願番号 2012027951
出願日 13.02.2012
公開番号 2013163465
公開日 22.08.2013
特許番号 5957721
特許付与日 01.07.2016
公報種別 B2
IPC
B62D 25/20
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
D自動車;付随車
25上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
20床または底部の構成体
B62D 25/14
B処理操作;運輸
62鉄道以外の路面車両
D自動車;付随車
25上部構造の構成体;他に分類されないそれらの部品または細部
08前部または後部の部材
14上部構造の構成体であるダッシュボード
出願人 HONDA MOTOR CO LTD
本田技研工業株式会社
発明者 YAMANE MASAAKI
山根 昌晃
YASUI TAKESHI
安井 健
代理人 磯野 道造
多田 悦夫
発明の名称
(EN) VEHICLE STRUCTURE
(JA) 車両構造
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vehicle structure configured to reduce the weight of a vehicle body, while improving flexural rigidity and crushing load of a side sill inner.

SOLUTION: A side sill 10 includes a side sill outer 11 disposed outside a vehicle, and a side sill inner 12 which is disposed inside the vehicle and is joined to the side sill outer 11. The side sill inner 12 is configured so as to be vertically divided into two, and includes an upper member 13 disposed on an upper side and a lower member 14 disposed on a lower side. The upper member 13 is formed at a height substantially equal to a height of the side sill outer 11, and includes a plurality of ridge line parts 13g and 13g formed along a front-rear direction. The lower member 14 has a different plate thickness or is made of a material different from that of the upper member 13, and is disposed roughly horizontally between the floor panel 20 and the side sill outer 11.

COPYRIGHT: (C)2013,JPO&INPIT

(JA)

【課題】サイドシルインナの曲げ剛性及び圧潰荷重を向上させつつ、車体の軽量化を図ることができる車両構造を提供する。
【解決手段】サイドシル10は、車外側に配置されるサイドシルアウタ11と、車内側に配置されサイドシルアウタ11に接合されるサイドシルインナ12と、を有する。サイドシルインナ12は、上下で二分割されて構成され、上側に配置されるアッパ部材13と、下側に配置されるロア部材14と、を有する。アッパ部材13は、サイドシルアウタ11の高さと略同等の高さに形成され、前後方向に沿って形成された複数の稜線部13g,13gを有する。ロア部材14は、アッパ部材13とは異なる板厚もしくは材質で形成され、フロアパネル20とサイドシルアウタ11との間に略水平に配置される。
【選択図】図3