処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2013124779 - 加熱調理器

官庁
日本国
出願番号 2011271891
出願日 13.12.2011
公開番号 2013124779
公開日 24.06.2013
公報種別 A
IPC
F24C 15/00
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24加熱;レンジ;換気
Cその他の家庭用ストーブまたはレンジ;一般的に適用される家庭用ストーブまたはレンジの細部
15細部
F24C 7/02
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24加熱;レンジ;換気
Cその他の家庭用ストーブまたはレンジ;一般的に適用される家庭用ストーブまたはレンジの細部
7電気エネルギにより加熱されるストーブまたはレンジ
02高周波を使用するもの
CPC
H05B 1/0263
HELECTRICITY
05ELECTRIC TECHNIQUES NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
BELECTRIC HEATING; ELECTRIC LIGHTING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
1Details of electric heating devices
02Automatic switching arrangements specially adapted to apparatus ; ; Control of heating devices;
0227Applications
0252Domestic applications
0258For cooking
0261of food
0263Ovens
出願人 PANASONIC CORP
パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 NAKASHITA KIYOSHI
中下 潔
代理人 藤井 兼太郎
鎌田 健司
前田 浩夫
発明の名称
(EN) HEATING COOKER
(JA) 加熱調理器
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce electric power consumption by a rotary knob and return from malfunction of an IC of the rotary knob caused by radio wave noise and static electricity noise.

SOLUTION: A heating cooker includes a heating means 1, a main control circuit 2, an input means 7, a microcomputer 3, a display means 4, a power supply circuit 5 and an electric power opening/closing means 6. In a period when the microcomputer 3 does not retrieve data from the input means 7, OFF operation of the electric power opening/closing means 6 is performed from the microcomputer 3, so as to enable reduction in electric power consumption by the rotary knob and return of the operation of the IC of the rotary knob by IC reset operation during malfunction of the IC caused by radio wave noise and static electricity noise.

COPYRIGHT: (C)2013,JPO&INPIT


(JA)

【課題】ロータリーノブの消費電力の低減と電波ノイズや静電気ノイズによるロータリーノブのICの誤動作を復帰させること。
【解決手段】加熱手段1と、主制御回路2と、入力手段7と、マイクロコンピュータ3と、表示手段4と、電源回路5と、電力開閉手段6とを備え、マイクロコンピュータ3から入力手段7からのデータを取り込まない期間はマイクロコンピュータ3から電力開閉手段6をOFF動作させることにより、ロータリーノブの消費電力の低減と電波ノイズや静電気ノイズによる、ロータリーノブのICの誤動作時には、ICリセット動作によりICの動作を復帰させるころができる。
【選択図】図1


関連特許文献