処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2012011229 - 変形ロボット玩具

官庁
日本
出願番号 2011212489
出願日 28.09.2011
公開番号 2012011229
公開日 19.01.2012
公報種別 A
IPC
A63H 3/04
A生活必需品
63スポーツ;ゲーム;娯楽
H玩具,例.こま,人形,フープ,積木
3人形
04変形可能の構造を有するもの
出願人 BANDAI CO LTD
株式会社バンダイ
発明者 HARA NOBORU
原昇
MURAYAMA TAKAMICHI
村山隆運
NAKAI TOMONORI
仲井智徳
TANAKA SOJIRO
田中宗二郎
発明の名称
(EN) TRANSFORMING ROBOT TOY
(JA) 変形ロボット玩具
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a transforming robot toy which is difficult to predict as a transformation of a robot and can be thought of a pattern of a unique fighter jet in a deformed fighter jet.

SOLUTION: The transforming robot toy can turn a robot changed into a pattern of a fighter jet. Multiple tongue pieces are radially and rotatably arranged on the breast part of the torso part so that the ends directing to the center side can be directed to the center side and the opposite side. Transforming operation to the fighter jet is as follows. The head part is moved to the backside of the torso part by rotating the head part toward the torso part. The right and left arm parts rotate so that the ends of the right and left arm parts can be positioned adjacent respectively at the upper part of the torso part. By rotating the right and left legs at the joint part between the femoral region and the leg region respectively, the ends are positioned at both sides of the hip part of the torso part. The multiple tongue pieces are rotated so that these tongue pieces block gap parts between the torso part and the right and left arms, between the right and left arm parts and the right and left legs, and between the torso part and the femoral region and the leg regions.

COPYRIGHT: (C)2012,JPO&INPIT

(JA)

【課題】変形後の戦闘機において、ロボットの変形として予測させることが困難で、独自の戦闘機として構成したものと思わせる形態をとることのできる変形ロボット玩具。
【解決手段】ロボットを戦闘機の形態に変化できる変形ロボット玩具である。
胴体部の胸部に放射状に配置され複数の舌片部が、中心側に指向する先端を前記中心側と反対側に指向できるように胴体部に対して回動可能に配置できる。
戦闘機への変形操作は以下の通りである。頭部を胴体部に対して回動させることによって胴体部の背面側に移動し、左右腕部をそれぞれ先端が前記胴体部の上方で近接して位置づけられるように回動する。左右脚部をそれぞれ大腿部と下腿部との間の関節部で回動させることにより、先端が前記胴体部の腰部の両脇に位置づけさせる。複数の舌片部を回動させ、これら舌片部によって胴体部と左右腕部、左右腕部と左右脚部、胴体部と大腿部と下腿部との間の空隙部を閉塞する。
【選択図】 図7